キャッシングの審査で何に気を付ければいいのか

<<最初が肝心>>

何でもそうですが、初対面の方は第一印象でその後の付き合いが変わります。キャッシングの審査でも同様のことが言え、最初に「この人は怪しい」と思われてしまうと、消費者金融でその情報が管理されてしまうことがあります。後日、融資限度額を上げてもらおうとしても、うまくいかないことになりかねませんから注意が必要です。

とはいえ、難しいことはありません。申込書を正直に作成すればいいのです。最近は年収を証明する源泉徴収票などを提出す必要がないことが多いのですが、怪しいと思われると提出を求められることがあります。無収入の人が、収入があるかのごとく申込をするのは言語道断ですが、実際の収入を上乗せすることもNGです。

消費者金融の審査プログラムは、思ったより精緻に組まれており、年齢や企業名から「この収入はおかしいのではないか」とエラーが出ることがあります。その場合、収入証明書を確認しないと審査が通りませんから、必要以上に審査に手間取ることになってしまいます。最近の消費者金融の審査スピードは非常に早いので、即日融資も可能になっていますが、このようなことがあると審査が遅れて即日融資ができなくなってしまいます。

最初が肝心

<<融資限度額決定の仕組み>>

消費者金融の融資限度額は、申込書に記入された収入と、申込内容から推測したその人の家計支出の差から求めます。この差が毎月の返済可能額と見なされますから、ここから融資限度額を逆算するのです。

もっとも、この数字は多くの消費者金融で「与信枠」と言われる数字であり、そのまま融資限度額になるわけではありません。返済余力があっても、他の消費者金融でお金を借りていたら、そこに毎月返済する必要があります。自社で貸すことができる金額は、与信枠から、他社で借りている金額を引いた金額がベースになります。

また、この差し引いた金額をそのまま融資限度額とするわけではなく、初回の申込みであれば大抵少し低めに融資限度額を設定します。最初から目一杯融資限度額を設定して、そのまま貸倒になってしまう事も少なくありませんから、実際に利用した後の返済状況を確認した上で、上乗せをするという形を取ることが多いようです。

また、銀行は別ですが、消費者金融は貸金業法という法律に沿って営業をしています。貸金業法の規定では、他の金融機関の借入高を含め、無担保融資の金額を年収の3分の1と制限しています。そのため、消費者金融側が設定する融資限度額もこの金額を超えることはできないのです。

融資限度額決定の仕組み

<<総量規制の壁>>

銀行にはない、この総量規制は消費者金融や信販会社から不公平だと言われる原因になっているのですが、そもそもこの規制ができた理由は消費者金融自体にあるため、あまり文句が言えないのも事実です。

この規制ができる前は、消費者金融は相手の年収にかかわらず、かなりの金額を貸し付けていました。金利も現在のように最高20%という生易しいレベルではなく、年利30%近い金利で貸付をしていました。一部の消費者金融では、これに加えて「会費」を徴収していたこともあり、年利ベースで100%を超えていた消費者金融もありました。

当然返済できない人が続出し、自己破産の増加とヤミ金を増やす原因になりました。それであれば融資を控えさせればいいじゃないかという事で、現在の総量規制ができたわけです。しかし、消費者金融の利用者は、自分の給料だけでは生活ができなかったり、欲しいものが買えないという理由で借入をしているのです。そのため、貸倒の確率が高く、年利20%が上限では経営が成り立たないのも事実なのです。

とはいえ、業法である以上守る必要があるため、どの消費者金融でも、信用情報機関で他の借入がいくらあるかを確認をして融資限度額を決定しています。最近の融資の審査はコンピューター審査が多いため、すべて自動的にチェックしてくれます。

総量規制の壁

<<事前対応>>

最短30分で審査ができると言われる銀行や消費者金融の審査ですが、このようなチェックをしているのです。消費者金融などのカードローンは、融資限度額が高い方がいいので、できる限りの事前対応が必要です。

もっとも、収入を増やすことはできませんし、ごまかしてもバレることが多いです。言い方を変えれば、バレない程度の少額を上乗せしても審査結果に影響しないのです。

しかし、自分が借りているカードローンなどを解約すれば、与信枠通りの融資限度額を設定してもらうことができます。これから消費者金融に申込をする人がカードローンを契約していることはないだろうと言われることも多いのですが、案外知らないうちに申込をしていることが多いです。

まず、クレジットカードのキャッシング枠が挙げられます。10万円から50万円程度まで設定されていることが多いようですが、金利が高いこともあり解約した方が賢明です。また、最近の銀行は引落不可を防ぐために、10万円から30万円程度のカードローンを普通預金に組み合わせていることがあります。これらを解約するだけで融資限度額が上がるのです。 事前対応