キャッシング審査で信用を得るための秘訣

信用は日ごろの心がけから

キャッシング審査で有利な審査結果を得られれば、融資限度額も高くなりますし利率も低くなります。使いやすいカードローンをゲットすることができます。そのためには、消費者金融から信用を得る必要がありますが、あまり難しいことを考える必要はありません。信用は日ごろの心がけから
一番大切な事は、利用代金の請求があったら遅れることなく支払う事であり、カードローンであればできるだけ繰上返済をして早期に返済することです。これらの実績は、個人信用情報機関のデータに蓄積されて、自分の信用度アップにつながります。
日本では開示されることはありませんが、アメリカではクレジットスコアが開示され、一定以下の数字の方のことを「サブプライム」といっています。一時期サブプライムローンという名前がニュースで出ていたと思いますが、この事です。ちょっと信用が低い人に対して高めの利率で貸したローンが次々と貸倒になったという話です。
この「サブプライム」にならないようにすることが、キャッシング審査でいい結果を得る秘訣になります。日ごろの心がけで信用は積み上げるものだというわけです。

利用しなければ信用は作れない

信用の作り方は、難しいものではないのですが、時間がかかります。一朝一夕で作ることができるわけではなく、長年の積み重ねで出来上がるものです。利用しなければ信用は作れない
クレカもキャッシングも、利用して支払があることで信用を作っていきます。申込だけして利用しなければ、支払実績は出てこないので信用度の判定はできません。キャッシングは必要なければする必要はありませんが、クレカの利用シーンは多くありますから、積極的に使いたいものです。
コンビニでも電子マネーが使えるので、スマホなどにデータを入れておけば、いちいちクレカを出す必要はありません。定期券に組み込まれていることも多いでしょうから、コンビニで現金支払いをする必要性は高くないでしょう。
このように、クレカを日常的に利用して、かつ支払をしていれば自然と信用ができますが、リボ払いを利用してはいけません。後々支払で問題が出やすいという点もありますが、信用情報機関のデータにもリボ払いの残高は表示されてしまうのです。
現実にどうであるかは別にして、リボ払いをしていることは「ローンを支払っている」と判断されます。リボ払いをする人は、毎月の支払原資が少ないことが多いですし、ちょっとした支払もリボ払いにする「リボ専用カード」を利用している人は、資金管理がルーズであると評価されることがあります。
実際にリボ払いが多い人は、支払不能に陥る可能性が高いため、消費者金融は結構気にしているのです。

「無事故期間」が長ければ信用力アップ

信用は長年の積み重ねなのですが、その積み重ねの結果として、信用情報機関には「無事故」のデータも蓄積されます。「無事故期間」が長ければ信用力アップ
運転免許証のゴールド免許と同様に、消費者金融も無事故期間が長い人は、ほぼ無条件で審査が通ります。コンピューター審査が全盛ですが、もともとは審査の労力を減らそうというのが主目的です。
問題がない人を見抜いて、審査を早期に終わらせて機械的に融資限度額を設定しようとするわけです。この「問題のない人」とは、無事故期間が長い人なのです。消費者金融を頻繁に利用している人は、かえって危ないと怪しまれますが、クレカの利用が多く、かつ支払に問題がなければ「優良顧客」だと判断されます。
消費者金融の申込で、在籍確認の有無が問題になります。最初から在籍確認を省略する方法の申込がある消費者金融もありますが、それはレアケースです。
しかし、健康保険証を提示するから在籍確認を省略してほしいと頼み、それが受け入れられるかどうかは「優良顧客」であるかどうかが決め手になることが多いのです。

銀行キャッシングは口座開設が必須

銀行系キャッシングの人気が高いようです。人気先行の部分があるため、ちょっと注意が必要ではないかと思われますが、銀行によっては大手消費者金融より有利な借入ができます。銀行キャッシングは口座開設が必須
しかし、銀行系カードローンは口座を持っている人に対するローンなので、口座開設をしないと契約できないのが基本です。もちろん、口座がなくても契約できる銀行系カードローンがあり、消費者金融と全く同じ形態のカードローンになっていることもあります。
しかし、そのような銀行系カードローンであっっても、口座開設をすることで審査は有利になります。このような銀行の中には、口座の有無で契約条件を変えていることもあり、当然口座がある人の方が融資限度額も利率も有利に設定されています。
口座開設が不要なように見えても、実際には口座がないと敬遠されるのが銀行系カードローンです。二枚舌だと言われそうですが、これが現実なのです。
また、銀行系カードローンの審査を有利にするためには、口座を持つことは当然として、ここに給与が振り込まれていると審査スコアがかなりアップします。総量規制がない銀行系カードローンなので、ちょっとしたことで融資限度額が急増します。覚えておいて損はしないポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>