クレジットカードのキャッシングサービスは有利か?

在籍確認はありうる

クレジットカードにもキャッシングサービスはあります。自分の知らないうちに設定されているような場合もあるので、一度調べてみるといいでしょう。クレカのオンラインサービスを見ればわかるはずです。在籍確認はありうる
通常は、消費者金融などの申込では、この限度額が邪魔をして本来得られる限度額がゲットできないことがあります。総量規制の計算では、クレカのキャッシング枠も含めて算定されるので、使っていないクレカのキャッシング枠は削除した方がいいのです。
しかし、自分の知らないうちに設定されるキャッシング枠とはいえ、お金を借りることができる事には間違いありません。そのため、場合によっては在籍確認があることもあり得ます。
もっとも、これは申込をした人の信用に左右されるのですが、転職を繰り返している人の場合は、比較的高い確率で在籍確認があり得ます。
ただし、クレカのキャッシング枠で在籍確認がされることは、比較的少ないと考えてもいいでしょう。カードローンと違って、翌月の支払日に全額請求をすることが前提だからです。

限度額や融資方法なりの審査の厳しさ

限度額が比較的少ないので、審査は簡単だろうと言われていますが、一括払いの返済方法であれば、確かに審査は簡便的に終わらせることが多いです。しかし、カードローン形式の場合、それなりにしっかりと審査をしています。限度額や融資方法なりの審査の厳しさ
カードローン形式の場合、一括払いのキャッシングに比べて融資限度額が大きいため、その審査は消費者金融と同じです。この場合、在籍確認をしていることが多いようです。融資方法の差が審査の差を決めていると考えていいかもしれません。
クレカを発行している信販会社は、リボ払いやキャッシングサービスのように手数料を利用者から取れる方法の営業が一番ありがたいです。一括払いの場合は、事業者側から手数料をもらうのですが、どうしても交渉で妥協させられることになるためです。
しかし、利用者に対しては交渉などしませんから、消費者金融側もかなり強気の手数料率の設定ができます。
そのため、クレカのキャッシングやリボ払いを盛んに宣伝しているのです。もちろん、両方とも審査をすることには間違いありません。しかし、勤務先はクレカの場合は把握しているという前提なので、あえて在籍確認などをすることはありません。リボ払いを申し込んで在籍確認の電話があるような話はないと思います。

少額なら審査も通りやすい

クレカのキャッシング枠やカードローンは、消費者金融より限度額が少ないです。最大でも50万程度が普通ではないでしょうか。そのため、審査も消費者金融ほど手間をかける必要がないのです。少額なら審査も通りやすい
少額であれば審査が通りやすいことは事実です。最近は、銀行口座を作ると、万が一のために当座貸越タイプのカードローンを設定することがあります。しかし、このローンの場合いちいち在籍確認をしていません。預金者の職業などにもよりますが、給与振込が実際に始まっていたりすれば、あえて在籍確認をする必要がないと考えているようです。
信販会社の審査も同様で、審査にはあまり手間をかけていません。消費者金融と違い、信販会社の加盟している信用情報機関には比較的多くのデータが集まっています。そのため、過去の職業などが比較的わかりやすいことも事実です。そのため、消費者金融に比べて審査がやりやすことも事実です。
このような理由で、消費者金融のカードローンより、クレカのキャッシング枠を設定した方が審査は通りやすいといえます。ただし、即日審査ができない信販会社が多いため、申込をしたその日にキャッシングがしたいという事は難しいことが多いです。ある程度の余裕が必要です。

有利か不利かは人による

では、消費者金融のカードローンと、クレカのキャッシングはどちらが有利でしょうか。
これは、人によって違いがありますので、一概には言えません。消費者金融のカードローンは一般的に限度額が大きいし、毎月の返済額が少ないので、返済期間こそ長くなるものの楽に返済ができます。有利か不利かは人による
これに対し、限度額は少なくても、キャッシングをしたらすぐに返済するという事であれば、クレカのキャッシングの方がいいでしょう。翌月の支払日までの利息は必要ですが、支払日までの期間は最大でも2か月程度です。
2か月間を年利18%で借りた場合、1万円当たり大体300円の利息です。繰上返済が事実上できないというデメリットはありますが、次回の支払日までに返済資金を準備できるのであれば、こちらの方がいいでしょう。
話をまとめると、審査が厳しくなるものの、多額の借入をゆったり返済したいのであればカードローンがいいです。これに対し、カードローンを借りても繰上返済でドンドン返済していくようならクレカのキャッシングを使った方がいいです。
カードローンであれば、在籍確認などがありますが、クレカのキャッシングであれば通常在籍確認などがなく、面倒なことにならないのです。最初から無条件に消費者金融のカードローンを申し込むのは止めた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>