総量規制は必ずしも悪法ではない

総量規制って何?

消費者金融でお金を借りる際に避けることができないのが総量規制です。年収の3分の1までしか借りることができない融資規制があるため、借りたくても借りることかができない人が続出しています。
資金繰りが悪化して、支払不能に追い込まれる人もいます。こうして債務整理に追い込まれるわけですが、その前に総量規制の枠を外したおまとめローンを使うことで、きちんと完済することができる人も少なくありません。総量規制って何?
総量規制は、その昔に消費者金融が無尽蔵にお金を貸して、返済できない人が大量に自己破産をしたりヤミ金の餌食になった社会問題に対応したものです。消費者金融にしてみれば、いわば自業自得と言える規制ですが、その影響は消費者金融より利用者の利便性低下という悪影響を及ぼしています。
そのため、総量規制は悪法だと言われます。しかし、消費者金融でキャッシングをする人の多くは、自分でお金の管理ができない人です。管理ができれば、消費者金融でキャッシングをする必要はかなり少ないはずです。
そのような人に対して、貸付をしても大丈夫だというラインとして年収の3分の1としているのです。年収の3分の1は、手取収入の大体4か月分だと言われています。その程度であれば、なんとか返済できるだろうと思われているのです。

銀行も無制限に貸すわけではない

とはいえ、銀行のキャッシングであればそのような規制はありません。たまに銀行の審査基準がWEBで公表されているので見てみると、年収の半分程度を上限としていることが多いようです。銀行も無制限に貸すわけではない
このような状況からすると、銀行のキャッシング限度額は、年収の半分程度ではないかと推測できます。大体、銀行系カードローンの審査は、傘下の消費者金融か信販会社がやっているのです。審査基準のベースは彼らが作っており、銀行のオーダーによりカスタマイズしているだけなのです。
このように銀行も無制限にお金を貸しているわけではありません。ただし、3分の1と半分では違いがあります。銀行で無理なくキャッシングの申込ができる信用力がある人は、銀行で申込をするでしょう。
結果として、大企業の正社員の方など信用力がある人は、自然と銀行系カードローンを申し込むことになります。これに対し、銀行が貸付を渋るアルバイトや派遣の仕事の方、更には自営業の方は、それだけの理由で審査を落とされることはありませんが、融資限度額が少なくなって不利な条件で借りることになってしまうのです。

総量規制対象外にだまされないこと

総量規制の悪影響で、支払が苦しくなった人がハシゴを外されたような状態になることがあります。カードローンの枠が多少なりとも余っていれば、それを使う事で対処することができる場合もありますが、そんな場合は少ないでしょう。総量規制対象外にだまされないこと
消費者金融でも最近はおまとめローンを始めています。総量規制対象外として貸付をしているため、年収の3分の1という制限は撤廃されています。しかし、条件として追加の借入ができなくなっています。おまとめローンが成功するか否かは、この「追加借入の可否」で決まります。
自転車操業のように、給料が足らないとカードローンに頼っていたような人はこの時点でアウトです。今までの借入を立て替え払いするのがおまとめローンですが、条件としてすべてのカードローンを解約することが挙げられているのです。
総量規制対象外という文字を見て、今以上に借りることができると喜んではいけません。確かに、一時的に総量規制以上の借入をすることになりますから、そのような表示がされているだけなのです。
また、貸金業法の規定なので、貸金業法下での借金しかまとめることができません。つまり、割賦販売法のリボ払いは助けてくれないのです。

消費者金融で借りれなければ赤信号

消費者金融の審査は、銀行と変わるものではありませんが、一部の人にとっては銀行の審査が厳しすぎため、消費者金融で借りることが多いです。消費者金融で借りれなければ赤信号
消費者金融の審査は確かに甘いものではありませんが、今までのクレカやカードローンなどの利用状況に問題がなければ、必ずしも審査で落とされることはありません。
しかし、大手でもダメで、中小でもダメだという場合があります。この場合は、ブラックリストの登録がされていないか自分の過去を思い浮かべてみる必要があります。過払い金の請求をした際、場合によっては「融資契約変更」の扱いになることがあります。これは任意整理として取り扱われるのでブラックリストの対象なのです。
また、過去にブラックリストに載らなくても、支払遅延を何度もしていたり、クレカのリボ払い残高が多い場合も審査には通りません。
1か所の消費者金融で審査落ちした程度であれば、ちょっと日を改めてから他の消費者金融でリトライをすれば審査に通ることがあります。消費者金融ごとに審査プログラムは大きく違いませんが、ちょっとした違いで結果が変わることはあり得ます。
しかし、何か所もの消費者金融で次々と審査落ちしているのであれば、何か理由があります。身に覚えがなければ、信用情報機関で自分の情報を開示請求する必要があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>