消費者金融であっても甘い審査はありえない

厳しさにも差がある

銀行でも消費者金融でもそうですが、お金を借りる審査は甘くありません。審査は厳しいと思った方がいいいでしょう。しかし、今までに特に問題のあるカードローンの使い方やクレカでリボ払いを多くしているようなことがなければ、コンピューター審査で「スイスイ」と通ることも事実です。厳しさにも差がある
多くの方が銀行や消費者金融でカードローンの申込をしているでしょうが、まるっきりダメで審査落ちしてしまったという人は多くないはずです。落とされた人は、おそらくブラックリストではないものの、今までの利用状況から「危険人物」だと判断されてしまったのでしょう。
厳しいと実感するのは、融資限度額や利率を聞いたときではないでしょうか。自分の見積もりより低い金額を告げられたり、利率がずいぶん高いと思うと、やはり「厳しいなぁ」と感じるものです。
しかし、この厳しさにも金融機関ごとに差があります。銀行は「顧客を選ぶ」と言われている通り、相手により審査の対応が変わります。銀行のカードローンも実際の審査は消費者金融や信販会社がしていますが、全く同じ審査基準ではないのです。
また、消費者金融は、銀行より「多め」の融資限度額を出す傾向にあります。もちろん総量規制がありますから、信用力がある大企業の正社員の方を相手にすれば負けますが、それ以外の方であれは、そのような傾向にあるのです。

どうして銀行は厳しいと言われるのか

銀行の審査は厳しいと言われます。しかし、消費者金融の審査が甘いわけではありません。銀行の審査が厳しいと言われるのは、先程挙げたように顧客に応じて審査態度が違うためです。
大企業の正社員の方や公務員の方のように信用があれば「銀行カードローンはいいなぁ」と感じるはずです。総量規制のある消費者金融より高い融資限度額を設定してくれるためです。どうして銀行は厳しいと言われるのか
しかし、アルバイトの方や自営業の方に対しては、銀行の審査は厳しいものがあります。ダブルスタンダートではないかと思いたくなるほどの態度の違いを見せるのでちょっとびっくりします。
しかし、銀行は消費者金融より融資条件がいいように見えるため、ある程度強気になることができます。それを背景にして強気の審査ができるわけです。
実際に消費者金融より条件がいいいかどうかは疑問ですが、口座保有者しか利用できない銀行カードローンは、銀行ATMで入出金ができるという点で便利なように見えます。銀行の審査が厳しいと言われるのは、強気に出ることができるためです。

消費者金融が甘いわけではない

ここまで読んでいただければわかる通り、別に消費者金融の審査が甘いわけではありません。しかし、メガバンク系のカードローンは確かに消費者金融より有利なので、消費者金融も強気に出ることができません。消費者金融が甘いわけではない
銀行という面で考えると、消費者金融はなかなか強気の姿勢を見せることができませんが、診査を甘くすると自身の貸倒が増加します。そのため、入り口の時点で「危ない顧客」を排除することが多いです。
ブラックリストの登録が信用情報機関にあれば問題外ですが、そうでなくてもクレカの利用状況が最近急増していたり、リボ払いの残高が多い人も審査で排除されやすいです。また、最近はクレカのショッピング枠を現金化する人も増加していることから、クレカの申込を続けざまにしている人も怪しまれます。
要するに「普通ではない」顧客を排除することで、貸倒の危険性を下げようとしているのです。もちろん、ここに挙げたような人は銀行でカードローンを申し込んでも一発で審査落ちになります。
このように、消費者金融の審査が必ずしも甘いわけではありません。「危ない人」を排除した後は、銀行同様の審査をしているのです。そして、融資限度額と利率の決定をしています。

中小のジレンマ

このような状況下で、取り残されてしまうのが中小の消費者金融です。銀行だと融資限度額が少なくなるので、大手で申し込もうという事になると、中小の消費者金融にはお客が来なくなります。中小のジレンマ
結果として、中小の消費者金融には、大手消費者金融が「危ない顧客」と判断した人がやってくることになります。貸倒リスクが非常に高いので、相当注意して審査をする必要があります。
大手が「危ない」と判断した理由の中には、ブラックの人がそれを隠しているのではないかと疑った人も含まれています。最近は、ブラックの人もネットで情報交換をしているため、なかなか手口が巧妙です。
これらを見破るとともに、融資しても大丈夫な人を判別するのは楽な仕事ではありません。コンピューター審査をしようにも設備投資が必要ですし、使いこなせるかどうかは別問題です。しかし、それをしないと新規顧客が集まりません。中小消費者金融のジレンマです。
最近は、中小の消費者金融が次々と店を閉めています。過払い金利息の請求に耐えかねて閉店している例もありますが、このように非常に審査の負担が大きくなり、高齢に差し掛かってきた「貸金屋のおやじ」さんには、荷が重くなってきたこともその一因です。古き時代の「サラリーマン金融」がドンドン姿を消している理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>