収入証明書不要のキャッシングは本当に便利か?

収入証明書の必要性

消費者金融の審査で大切な書類としては、身分確認の免許証とともに収入証明書があります。収入があってこそ、消費者金融から借りたお金を返済することができるのですから、その収入を確認する必要があるのです。収入証明書の必要性
収入証明書の種類は、源泉徴収票や官公庁の出している証明書があります。給料をもらっている人であれば、源泉徴収票が収入証明書として一番適しているのではないでしょうか。人によっては、確定申告をしている人もいるでしょうから、その場合は代わりに税務署から証明書をもらってくる必要があります。
銀行であれ、消費者金融であれ、審査の基本はこの収入証明書です。今までのカードローンやクレカの利用状況は、個人信用情報機関のデータでわかりますが、収入だけは本人が提出する証明書が頼りです。
最近の審査技術は向上しており、統計から推測した予測収入を使う事もできるようですが、確実に審査をするのであれば収入証明書が必要です。そして、その証明書に書かれた会社に現在も勤めているかを確認するために、勤務先への在籍確認をしています。
この一連の手続を終えて、初めて完全に審査ができるのです。

それでも要らない理由

とはいえ、運転免許証を持ち歩く人は多くても、源泉徴収票を持ち歩いている人は多くありません。人によっては紛失している人もいるでしょう。とはいえ、それらの人を消費者金融も締め出すわけにはいかないのです。それでも要らない理由
そのため、一定の「割り切り」として、少額な借入申込であり、かつ今までの借入も多くなければ収入証明書の提出はいらないという事になりました。その結果50万円以下の借入であり、かつ申込後の借入総額が100万円以下であれば、収入証明書の提出が省略できることになったのです。
審査技術の向上で、年齢と勤務先、更には仕事の内容から大体の収入金額は予測できるようになりました。銀行の場合、更に高い金額の借入でも収入証明書を不要としていることもあります。
銀行によっては、300万程度までの借入でも収入証明書が不要だというケースもあります。顧客獲得のためには、ある程度の割り切りは必要だという事でしょうか。
ただし、信用情報機関のデータによっては、収入証明書を要求されることがあります。申込書に書かれた年収が、職業や年齢に比較しておかしいと判断された場合です。

でも不利になる理由

とはいえ、実は収入証明書がないと審査では不利になります。例えば、年収150万なら総量規制限度いっぱいの50万の限度額が設定できるとしましょう。しかし、収入証明書がないと、場合によってはこの半分程度になる場合があります。本人の申込書に書かれたデータだけが頼りなので、信憑性が低いのです。でも不利になる理由
収入証明書がいらないと表示されていても、提示することで審査は有利になります。証明書がないと確実に審査ができないのですから当然のことです。これは、銀行の場合でも同じです。
収入証明書がなくても、審査ができるのは、仕事の内容から消費者金融側で収入をある程度の精度で確認できる場合に限られます。公務員や大企業の方であれば、年齢から大体の収入は把握できます。また、これらの方は正直に収入を書いてきますから、心配する要素は少ないのです。
しかし、自営業の方やアルバイトの方などは、そもそも証明書がなければ、自分の前年の収入などわからないことが多いです。そのような人が、収入証明書もなしに正直な収入を記載できるとは思えません。
そのため、消費者金融では、一つの割り切りとして年齢や職業から統計的に算定した「平均的な収入」を基礎にして審査をするしかないわけです。しかし、その数字が確実だという保証もないので「控えめ」な融資限度額しか設定できないのです。

結局必要だから最初から出そう

このように収入証明書は本来必要な書類です。当初に必要ないとしても、増枠申請をしようとする場合には提示を求められることが多いです。ポイント制度を設けている消費者金融では、収入証明書の提出があると大きなポイントを出しています。結局必要だから最初から出そう
要するに、毎年でも収入証明書は提出してもらいたいのです。特にカードローンの場合は、借りたり返済したりが自由なタイプのローンなので、貸す側としては一番不安なローンなのです。収入証明書を提出しなければ契約を解除したいのが本音だと思って間違いないでしょう。
当初設定された限度額のままで構わないというのであれば別ですが、収入が多い方であれば、50万以上の限度額を設定してもらうことは十分に可能です。消費者金融のカードローン利率は、限度額が高いほど信用があるという事で利率が低くなります。
50万円の融資限度額の場合、大抵の消費者金融では最高利率になっているはずです。大手であれば18%です。こんな高い利率で借りる必要はないはずの人がその利率で甘んじているのはあまりにもったいない話です。
申込の時は、あまりに急いでいたため収入証明書を準備できなかったかもしれませんが、ちょっと落ち着いた時に準備して、再度提出すればいいのです。少しでも低い金利で借りるのが上手な消費者金融利用のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>