カテゴリー別アーカイブ: クレジットカード

クレジットカードのキャッシングサービスは有利か?

在籍確認はありうる

クレジットカードにもキャッシングサービスはあります。自分の知らないうちに設定されているような場合もあるので、一度調べてみるといいでしょう。クレカのオンラインサービスを見ればわかるはずです。在籍確認はありうる
通常は、消費者金融などの申込では、この限度額が邪魔をして本来得られる限度額がゲットできないことがあります。総量規制の計算では、クレカのキャッシング枠も含めて算定されるので、使っていないクレカのキャッシング枠は削除した方がいいのです。
しかし、自分の知らないうちに設定されるキャッシング枠とはいえ、お金を借りることができる事には間違いありません。そのため、場合によっては在籍確認があることもあり得ます。
もっとも、これは申込をした人の信用に左右されるのですが、転職を繰り返している人の場合は、比較的高い確率で在籍確認があり得ます。
ただし、クレカのキャッシング枠で在籍確認がされることは、比較的少ないと考えてもいいでしょう。カードローンと違って、翌月の支払日に全額請求をすることが前提だからです。

限度額や融資方法なりの審査の厳しさ

限度額が比較的少ないので、審査は簡単だろうと言われていますが、一括払いの返済方法であれば、確かに審査は簡便的に終わらせることが多いです。しかし、カードローン形式の場合、それなりにしっかりと審査をしています。限度額や融資方法なりの審査の厳しさ
カードローン形式の場合、一括払いのキャッシングに比べて融資限度額が大きいため、その審査は消費者金融と同じです。この場合、在籍確認をしていることが多いようです。融資方法の差が審査の差を決めていると考えていいかもしれません。
クレカを発行している信販会社は、リボ払いやキャッシングサービスのように手数料を利用者から取れる方法の営業が一番ありがたいです。一括払いの場合は、事業者側から手数料をもらうのですが、どうしても交渉で妥協させられることになるためです。
しかし、利用者に対しては交渉などしませんから、消費者金融側もかなり強気の手数料率の設定ができます。
そのため、クレカのキャッシングやリボ払いを盛んに宣伝しているのです。もちろん、両方とも審査をすることには間違いありません。しかし、勤務先はクレカの場合は把握しているという前提なので、あえて在籍確認などをすることはありません。リボ払いを申し込んで在籍確認の電話があるような話はないと思います。

少額なら審査も通りやすい

クレカのキャッシング枠やカードローンは、消費者金融より限度額が少ないです。最大でも50万程度が普通ではないでしょうか。そのため、審査も消費者金融ほど手間をかける必要がないのです。少額なら審査も通りやすい
少額であれば審査が通りやすいことは事実です。最近は、銀行口座を作ると、万が一のために当座貸越タイプのカードローンを設定することがあります。しかし、このローンの場合いちいち在籍確認をしていません。預金者の職業などにもよりますが、給与振込が実際に始まっていたりすれば、あえて在籍確認をする必要がないと考えているようです。
信販会社の審査も同様で、審査にはあまり手間をかけていません。消費者金融と違い、信販会社の加盟している信用情報機関には比較的多くのデータが集まっています。そのため、過去の職業などが比較的わかりやすいことも事実です。そのため、消費者金融に比べて審査がやりやすことも事実です。
このような理由で、消費者金融のカードローンより、クレカのキャッシング枠を設定した方が審査は通りやすいといえます。ただし、即日審査ができない信販会社が多いため、申込をしたその日にキャッシングがしたいという事は難しいことが多いです。ある程度の余裕が必要です。

有利か不利かは人による

では、消費者金融のカードローンと、クレカのキャッシングはどちらが有利でしょうか。
これは、人によって違いがありますので、一概には言えません。消費者金融のカードローンは一般的に限度額が大きいし、毎月の返済額が少ないので、返済期間こそ長くなるものの楽に返済ができます。有利か不利かは人による
これに対し、限度額は少なくても、キャッシングをしたらすぐに返済するという事であれば、クレカのキャッシングの方がいいでしょう。翌月の支払日までの利息は必要ですが、支払日までの期間は最大でも2か月程度です。
2か月間を年利18%で借りた場合、1万円当たり大体300円の利息です。繰上返済が事実上できないというデメリットはありますが、次回の支払日までに返済資金を準備できるのであれば、こちらの方がいいでしょう。
話をまとめると、審査が厳しくなるものの、多額の借入をゆったり返済したいのであればカードローンがいいです。これに対し、カードローンを借りても繰上返済でドンドン返済していくようならクレカのキャッシングを使った方がいいです。
カードローンであれば、在籍確認などがありますが、クレカのキャッシングであれば通常在籍確認などがなく、面倒なことにならないのです。最初から無条件に消費者金融のカードローンを申し込むのは止めた方がいいかもしれません。

あなたにおススメのキャッシングはズバリこれ!

短期決戦ならクレカのキャッシング枠

キャッシングの種類には大別して、クレカのキャッシング枠と消費者金融などのカードローンがあります。宣伝が多いので、消費者金融のカードローンを無条件に選択している人も多いようですが、クレカのキャッシング枠も捨てたものではありません。短期決戦ならクレカのキャッシング枠
クレカのキャッシング枠を使った場合、返済が次回の支払日になりますので、短期に借りるのであれば、むしろこちらの方が向いています。カードローンの場合は、毎月の返済額が少ないので、クレカのリボ払い同様に支払期間が長期化しがちです。短期決戦ならクレカのキャッシング枠の方が早く完済できてすっきりします。
借りる金額が多いのであればカードローンの方がいいのですが、1万円とか2万円程度の借入であればクレカのキャッシング枠を使った方がベターです。また、クレカのキャッシング枠は利率が高いと言われがちですが、実際に比べてみると年利18%前後と大手消費者金融とほぼ変わらないレベルにあると言えます。
短期間で返済することを予定しているのであれば、クレカのキャッシング枠を利用することもお勧めです。

クレカなら申込が簡単

クレカのキャッシング枠は、新しく申込をするわけではありませんから、入り口が簡単と言う利点もあります。もちろん審査がないわけではありませんが、消費者金融の審査より若干甘めであることは間違いないようです。クレカなら申込が簡単
これは、クレカのキャッシング枠が通常最大でも50万円程度だからです。短期決戦で返済することができるであろう1万円単位の借入を前提にしているのであれば、限度枠は10万円もあれば十分でしょう。消費者金融で10万円の限度額で審査してもらうのであれば、信用が多少低くても、まず問題なく審査が通るラインです。
クレカのキャッシング枠の申込は、特に申請書類が必要なわけではありません。信販会社によっては、ネット上で全てできてしまう事もあるほどです。クレカを新規に申し込む際にキャッシング枠を設定しているのであれば、当然そのまま利用することができます。
クレカのキャッシング枠でも在籍確認がある場合があります。しかし、消費者金融のように「必須」というわけではないようで、最初に10万円程度の最低限度であるキャッシング枠を設定するのであれば、在籍確認がないままカードが発行されることも少なくないようです。

長くなるならカードローン

しかし、借入金額が10万円単位になるのであれば、消費者金融や銀行のカードローンを利用することになります。クレカでも最近はカードローン形式のキャッシングサービスを提供していますが、利率が高めであることやサービスが若干劣るためあまりお勧めできません。長くなるならカードローン
カードローンは、支払期間が長めになるので返済計画をしっかりと立てる必要があります。借りた金額の5%程度の返済額しか要求されないので、借りたことすら忘れてしまう事もあるほどです。しかし、借りた金額が大きいので繰上返済を併用して早期完済を目指した方がいいでしょう。
消費者金融や銀行のカードローンは、申込に若干ながら手間がかかります。とはいえ、申込はWEBでできますし、消費者金融によっては在籍確認も一切ないケースもあります。昔に比べると、審査がコンピューター化された恩恵で、審査もスピードアップされています。
すぐにお金を借りたいと言う人は、昔はクレカのキャッシング枠を使っていたようですが、最近は消費者金融に申し込む人の方が圧倒的に多いようです。新規に申込をしても、即日融資ができますし、最初の借入時には1か月終度の無利息キャンペーンがあることも少なくありません。
無利息キャンペーンは、消費者金融が始めたものですが、最近では一部のネットバンクでも1か月程度の無利息キャンペーンを実施しています。最初の1か月は無利息で借りることができると考えていいのではないでしょうか。

カードローンでも早期決着を

ゆっくり返済することができるカードローンですが、利率が高いのでできるだけ早期に返済した方がいいです。消費者金融や銀行のカードローンは、繰上返済が自由にできるので資金的な余裕が少しでもあればどんどんと返済した方がいいです。カードローンでも早期決着を
借りる時は1万円単位で借りることになりますが、返済は千円単位でできる事が多いようです。コンビニATMを自由に利用できますが、その都度108円程度の手数料がかかるため、手数料がかからない消費者金融や銀行のATMを使うのが鉄則です。
カードローンでも、このように早目に繰上返済をすることで早期決着を図るべきですが、早期決着をつけるのであれば、繰上返済をどこでするかを考える必要があります。手数料がいらない店舗のATMは設置場所がコンビニほど多くはありません。自分の通勤経路上にそのようなATMがあれば便利でしょう。
消費者金融や銀行のカードローンを選ぶ際は、このように繰上返済をすることまで考えて業者の選定をすることをお勧めします。借りる時も返済の時も、利用する消費者金融や銀行のATMを利用すれば手数料はかかりません。ちょっとでも負担を少なくするアイデアです。

あえてクレカのキャッシング枠を利用する理由は何故?

いつでもキャンペーン

消費者金融のカードローンに押され気味なのが、クレカのキャッシング枠です。とはいえ、信販会社もキャッシング枠やリボ払いを使ってもらわないと利益が上がらないので、キャッシング枠利用キャンペーンをいつでもしています。いつでもキャンペーン
クレカのキャンペーンは種類が多いので、キャッシングのキャンペーンは埋没しがちです。ちょっと丁寧に探す必要があるかもしれませんが、探してみる価値は十分にあります。
リボ払いキャンペーンほどではありませんが、利用することでポイントの上乗せがあったり、キャッシュバックがあったりします。利用金額にもよりますが、うまくやれば利息を取り戻すことくらいはできてしまいます。何度も利用していれば別ですが、1度きりの利用であれば結構おいしいかもしれません。
クレカのキャッシング枠は、わざわざ消費者金融などに対して申込をすることに比べれば気軽に利用できるのが利点です。案外見過ごされがちなクレカのキャッシングサービスなのですが、いつでも何らかのキャンペーンをしていることが多いようです。

ポイントサイトの利用でキャッシュバックゲット

クレカ利用者の中で隠れた人気となっているのがポイントサイトです。ちょっと検索してみれば大手のポイントサイトがいくつかヒットするでしょう。1枚の申込で5千円程度、場合によっては1万円を超えるキャッシュバックが得られる大盤振る舞いのサイトです。ポイントサイトの利用でキャッシュバックゲット
ここでは、キャッシュバックの条件としてクレカのキャッシング枠を設定することを要求していることが多いです。広告主の信販会社としては、キャッシング枠がないと申込をしてもらう意味がないのでしょう。
信販会社に限りませんが、サラリーマンの評価は前年対比でされることが多いです。前年発行のクレカの枚数などは、営業担当者の評価につながります。ただ、発行枚数はキャンペーンで増加させることができても、使いにくいと言うイメージができているキャッシング枠の増加は難しいものがあります。
そのため、ちょっと高めの広告宣伝費になってしまうポイントサイトでは、キャッシング枠の付与を条件としているのです。キャッシング枠は、誰でも付けてもらうことができるわけではありません。ある程度の収入がない限り無理なのですが、それだからこそ、ある程度信用力がある正社員の方などはチャンスだと言えるのです。

最高でも10万円

とはいえ、クレカのキャッシング枠の利用はせいぜい10万円が限度です。もちろん望めばもっと高い金額のキャッシング枠を設定してもらう事も可能でしょう。しかし、10万円以上のキャッシング枠を設定してもらっても使う事はないと考えた方がいいでしょう。最高でも10万円
クレカのキャッシングは、基本的に次回の返済日に一括で支払いをすることになります。給料日直前などにちょっと足りなくてキャッシングをする場合、返済を忘れることもなく気軽に利用できます。
しかし、10万円単位のお金を借りて、次回の支払日に一括返済できる人は多くないはずです。それなら、最初から消費者金融のカードローンを借りた方が便利ですし、返済ペースももっと緩やかです。また、余力があれば繰上返済をすることも自由自在なので、完済までの期間を早めることもできます。
このように、クレカのキャッシング枠は少額の利用に限定されます。次回の支払日に返済できる金額が一つの目安です。人によって違うでしょうが、5万円程度が事実上の上限ではないでしょうか?
そのため、クレカのキャッシング枠は10万円程度がベストなのです。多ければ多いほどいいじゃないかと言われそうですが、クレカのキャッシング枠を大きく設定しすぎると、いざ消費者金融のカードローンを申し込もうとした場合、それだけ限度額が少なくなります。借りていなくても、いつでも借りることができるキャッシング枠は、すでに借りているものとして判断されるのです。

一括払いに徹すること

このようにクレカのキャッシング枠は、次回の支払日に返済することが基本です。しかし、クレカを発行している信販会社は、同時にカードローンも展開しています。クレカでもカードローンを使うことができるようにしているケースが増加してきました。一括払いに徹すること
いちいち消費者金融に申込をしなくても、クレカで全てできれば便利ではないかと思われがちです。しかし、クレカのカードローンは消費者金融に比べてサービスも悪いし利率も高くなりがちなのでおすすめできません。
また、キャッシングは利率が高いので、できるだけ早期に返済することが基本です。キャッシングで借りたお金を借り続けることは自分の負担額を多くするだけなのです。使い勝手がいいとは言い難いクレカのキャッシング枠をお勧めする理由は、次回の支払日に全額返済されて、残額がゼロになると言う点です。
カードローン利用者は、毎月の利用額が少ないため気軽に借りてしまう傾向にありますが、クレカのキャッシングであれば支払が厳しいので、そのようなことができません。一括払いに徹することで、借金依存症になることを防ぐことができます。

ポイントより値引を重視しよう

割のいいカードなら使おう

クレジットカードにもいろいろな種類があります。キャラクターのロゴが付いたようなカードもあれば、ポイント重視のカードもあります。スーパーやショッピングセンターなどのハウスカードもあるでしょう。
これだけ種類があると、どれがいいのかわからなくなります。この際、選定基準としては自分にとって一番便利なカードが一番です。あまり「得をする」ことを重視しすぎると、かえって無駄遣いの温床になってしまい。結果として損をすることになります。割のいいカードなら使おう
一番無駄遣いをする危険性が高いのは、ショッピングセンターや通販サイトのハウスカードです。値引率が高くて、お買い時セールも多いので不思議に思われるかもしれません。しかし、比較的高額商品を販売することが多い割に、多くの商品を買わせようとしていることが多いのです。値引率が高くても、もともとの価格が高いので結局高い買い物になってしまうのです。
同じハウスカードでも、スーパーなどのハウスカードは利便性が高いでしょう。賢い主婦は、チラシを睨んで安いスーパーをハシゴするより、一つのスーパーに限定した方が時間もお金も節約できることを知っています。そのような主婦はスーパーのハウスカードで更に節約をしています。このような使い方がクレジットカード利用の極意です。

ETCのような利便性があれば可

クレジットカードの利用方法も色々です。有料道路の料金所をノンストップで走行できるETCカードは、利便性が高いだけではなく、マイレージ制度により無料で走行できるポイントをもらうことができます。ETCのような利便性があれば可
ETCカードに限りませんが、利用すること自体に利便性がある、鉄道のICカードとのコンビカードなどもクレジットカードとしてはお勧めです。定期券などを買う際は、値段が高くなりがちなのでクレジットカードを利用したくなるものです。ここでリボ払いを利用しないように気を付ける必要はありますが、支払いを遅らせることでちょっとでもお金を準備する猶予期間を作ることができます。当然改札口をノンストップで通過できます。
飛行機をよく使う人は、マイレージが付いているクレジットカードが便利でしょう。また、最近は請求の都度、無差別に1%程度の値引をしてくれるクレジットカードもあります。このようなクレジットカードは、ポイントがなくても結局お得です。
スーパーのハウスカードは月に何度か5%OFFの日を作ることが常識のようになっています。必ずしもこの日に買い物をすることがお得だとは限らないのですが、せいぜい2%弱のポイントを狙うよりはよほど効率がいいクレジットカードの利用方法です。

高額商品は現金払いを考えよう

電化製品等の高額商品は、量販店より通販専門で現金支払専門の店舗の方が値段が安いです。この場合、当然現金支払をした方がいいのですが、現金を準備できなければあきらめてしまう人も多いです。しかし、家電量販店でリボ払いをするならカードローンでキャッシングをして通販店舗で買った方がお得です。高額商品は現金払いを考えよう
最近の電化製品は、どこで買い物をしても商品は同じです。家電量販店モデルとして売られている商品の多くは、一般向け商品とほとんど変わりはありません。そどちらで買った方がいいかは言うまでないでしょう。
キャッシングとリボ払いのどちらがいいのかと悩む人も多いようですが、カードローンを利用した方が絶対にいいです。リボ払いはズルズルと支払が引き伸ばされていきますが、カードローンの場合最初に返済計画を立ててキャッシングすれば、繰上返済をすることで完済までの期間を短縮することができます。
買い物の前に返済計画など立てたことはないと言う人も多いでしょうが、そのような人は大型家電製品を買ってはいけません。そのような無計画な買い物をする人が、クレジットカードを支払不能としたり、最悪の場合債務整理に追い込まれるのです。

一般庶民に百貨店は必要ない

高額の買い物をする場所として百貨店があります。百貨店の中にはハウスカードを発行していることもあり、持っている人も多いでしょう。しかし、一般庶民には百貨店は必要ないと考えた方がいいです。一般庶民に百貨店は必要ない
一般的に百貨店で売られている商品は割高です。百貨店は場所貸し営業をしており、商品の売上高の3割程度を手数料としてもらう形で営業をしているのです。同じ商品をブランド名だけ外して売っていることもありますが、はるかにお買い得なのです。
このように百貨店で買い物をすることはあまり賢い買い物だと言えません。最近は通販で探せば同じ商品を売っていることが多くなりました。百貨店自体は商売がしにくい時代になり、店舗内に安めの商品を扱うブランドや家電量販店を誘致していることもあります。
百貨店という「場所」は確かに魅力的なのですが、買い物をする場所ではありません。クレジットカードを利用して、少しでもポイントを稼ごうとする人は、見た目の豪華さに引かれて百貨店で買い物をする人も少なくありません。しかし、そのことがいかに無駄なことかはちょっと考えてもらえばわかるはずです。
一般庶民に百貨店が必要ないと言う理由はここにあるのです。

クレカのポイント狙いは損をする

何が優先か?

クレジットカードの利用者がその選択の際に重視している点は、ポイント還元率のようです。ちょっと還元率が高いカードであれば1%を超えることは珍しくありません。スーパー系のハウスカードの場合は、値引きの日よりポイントアップの日の方がにぎわいを見せているようです。さながらブランド博物館
しかし、クレジットカードの本当の利点は、手数料なしで支払を繰り延べできる事です。最大でも2か月程度の繰り延べですが、高額商品をカードローンで現金で買うよりクレジットカードを使った方が2か月間の利息が助かると言えばわかりやすいかもしれません。
これほどポイントを付けているクレジットカードを発行している国は世界でも日本だけのようです。海外でクレジットカードを作ったことがあればわかると思いますが、このようなポイント制度は付いていないのです。
その意味では、日本でクレジットカードを利用することはありがたい話なのですが、ともするとポイント獲得を最優先してしまう風潮があることも事実です。ポイント優先でカードを選ぶため、肝心な買い物の時期を制限されたり、遠方のショッピングセンターに行くことが増えたりします。それでは本末転倒です。
クレジットカードはあくまでも「決済手段」にすぎません。一時的にお金を無利息で立て替えてくれるだけなのです。目的を誤ってはいけません。

無駄使いが増える締め切り間際

ポイント重視の人が一番陥りやすいのが、ポイントの有効期限間近の無駄遣いです。あとちょっとで区切りのいい交換ポイントに達するとなると、期限までに買い物をしようとする気になります。
いつもなら冷静な判断で、無駄遣いを排除している人でも、ついつい買おうかどうか迷っているものを衝動買いしてしまうのです。ポイントは貯まるし、望み通りのポイント交換はできるかもしれませんが、無駄遣いをすることで自分のお金は無駄に消えます。おまとめローンの是非
ポイント還元率が高いカードは、大抵ポイントに有効期限があります。期限がないカードであればこのような心配は必要ありませんが、ポイント還元率は高くありません。しかし、締め切り間近の無駄遣いを防ぐことはできます。
ポイント還元率が高いカードは一見有利なように見えます。リボ払い専用カードの類は論外で申し込むべきではありませんが、一般的なクレジットカードでもポイント還元率が高いカードは「何か」があります。しっかりとポイントのルールなどをチェックして、使いこなせるかどうかを調べないと無駄になってしまう可能性が高いです。

ランクであおるカード会社に注意

通販系のカードに多いのですが、通販自体の会員ランクアップに通販業者発行のハウスカードを利用することがあります。その通販サイトで多く買うほどランクが上がり、更にハウスカードで決済をするならもっと上がると買い物を煽るのです。ポイントの有効期限だけではなく、毎月ランクを更新するため、無駄遣いをしてしまう可能性がかなり高くなります。
毎月自分のランクを気にするようにメールを送ったり、誕生月にポイントを付けたりすることもあります。しかし、冷静にチェックすると分かるのですが、あまり大した金額の「おまけ」ではありません。リスクを負うのは誰か?
カード会社自体が利用金額に応じ、翌年のポイント付与率をランク分けしていることは多くあります。利用額が多い優良顧客に対する優遇策ですが、これもポイント同様に締め切り間際には無駄遣いの原因になります。
毎月のようにランクで煽る通販業者に付き合ってしまうと、買い物がどんどん増えます。この手の業者は高額なブランドバッグなども取り扱っているため、利用額がドンドン増加します。リボ払いの使い過ぎで債務整理に追い込まれる人がいますが、そのきっかけとなるのがこのようなポイントやランクに煽られていることが少なくありません。

ポイントもランクもおまけにすぎない

クレジットカードの利用目的は、冒頭に挙げたとおり「決済手段」です。現金を持ち歩かなくても買い物ができて、支払は1か月から2か月後と遅くなります。しかも利息はいらないのです。ボーナス直前に買いたいものを気兼ねなく買うことができる程度と考えた方がいいのです。リボ払いはやめよう
確かにポイントやランクはメリットがあります。しかし、それらは思ったほどのメリットではなく「おまけ」にすぎません。少し冷静に考えれば、無駄なものだと分かり無視することができるはずです。調子に乗って煽られてしまうと自分が損をします。
クレジットカードのポイントを狙いすぎると、結局損をすることが多いです。ポイントのタイミングを狙って買い物をすることが多くなりますが、スーパーなどでハウスカードの値引の日の価格を見ると、安売りの商品は少なくなっています。むしろ、その翌日はお客が減ることを防ぐためにお買い得商品が増えるのです。
これは、スーパーに限らず、ショッピングセンターや通販サイトでも同じことが言えます。ポイントもランクもおまけにすぎず、別に自分を特別扱いしてくれるわけではありません。クレジットカードで本当に自分を特別扱いしてもらおうとしたら、ブラックカードと呼ばれる特別待遇のカードが必要です。しかし、年会費は10万円単位ですし、誰でも入会できるわけではありません。

債務整理の原因はキャッシングではなくリボ払い

カードローンは悪くない

大企業の新人研修では、必ずと言っていいほどカードローンについての注意喚起がされているようです。カードローンを使わないようにと言わんばかりの研修内容に、何も知らない新社会人は洗脳されてしまいます。カードローンを使うとともに人生が破たんするようなビデオもそれに拍車をかけているのです。繰上返済のやりやすさ
債務整理の元凶とも言われがちなカードローンですが、カードローンだけで債務整理に陥る人は多くありません。消費者金融のカードローンは限度額が年収の3分の1に制限されています。この程度の借金で債務整理に追い込まれることは少ないのです。
もちろん、カードローンの返済中に勤め先が倒産したり、減給や退職で収入が激変した場合は返済ができなくなり、債務整理の可能性があります。しかし、それはどちらかと言えばレアケースであり、実際の原因は別のところにあります。
その一つがクレジットカードの使い過ぎです。利用残高が増加すると、自転車操業状態になり支払ができなくなるのです。もちろん、1回払いだけに限定していれば支払が厳しくなる時期が早いですし、金額も多くはありませんからカードローンなどでリカバーできます。
しかし、一番怖いのはリボ払いの使い過ぎです。

リボ払いは怖い

クレジットカードのリボ払いは、なぜかカードローンなどのキャッシングほど悪者扱いされていません。しかし年収から平均的な家計支出額を引いた金額をリボ払いの限度額とすることができる現在の割賦販売法が、リボ払いの悲劇を生みます。2軒目は厳しい
ちょっと高額な商品を買う際には、一括払いだときついからリボ払いにしようと安易に利用する人が多いようです。しかし、世の中そこまで甘くはありません。リボ払いをすることで一時的に支払は楽になりますが、カードローンより少し低い程度の手数料を支払い続ける必要があることを知らない人も多いようです。
リボ払いの一番怖い点は、自分の利用額と毎月の支払額に著しい差があることです。言い方を変えれば、毎月の支払額が少ないため延々と支払が続くわけです。一つだけリボ払いを利用しているのであれば別ですが、2つ3つとリボ払いを使った買い物をすると、現在どの買い物の支払をしているかがわからなくなります。
毎月のクレジットカードの明細書を細かく見ていればわかることですが、そのようなことをしている人は大抵リボ払いを利用していません。リボ払いを利用している人の多くは、クレジットカードの明細書などあまり見ていないのです。

ゆでカエルの恐怖

リボ払いは毎月の支払額が少ないので、買い物をたくさんしても支払の意識があまり起きません。それどころか、毎月の返済額が少ないため「もっと買い物ができる」と誤解してしまうのです。調子に乗って買い物を続けていると、毎月気のリボ払いの金額が段々増加します。転落
一括払いであれば、支払が厳しくなってきても一度だけの事ですから、対処は比較的簡単です。しかし、リボ払いの場合は支払がきついなと思った時には、その支払が以後ずっと続くのです。きついと感じる支払が延々と続くわけですから始末が悪いのです。
水を入れた鍋にカエルを入れて、ジワジワと加熱するとカエルはぬるま湯に浸かって外に出ようとしません。次第に熱くなり逃げ出そうとしたときには体が火照ってしまい、動かなくなり茹で上げられると言う話があります。
現実にそのようになるかどうかはわかりませんが、ゆでガエルと言われる諺がぴったりくるのが、このリボ払いです。真綿で首を絞められるような恐怖を味わうことになるのです。

買い物狂の末路

最近は信販会社の営業もあり、リボ払い専用カードが人気のようです。ちょっと考えれば、多少ポイント付与率が高くても危険が多いカードだという事がわかるはずです。一応、毎月の支払額が決まっているため、その金額を最大限にすれば、一括払いのカードと同様に使う事は可能ですが、最初の設定は最低額に設定されているのです。
この最低額というのは5千円程度なので、買い物をしたらすべてリボ払い扱いとなり、手数料の支払対象になります。割が悪いカードなのですが、リボ払いの恐怖がわからない人にとっては便利なカードに見えるようです。落とし穴
このようなカードを好むのは、買い物大好きの女性のようです。レジでは「一括払い」と買い物をしても、結局支払ができずにリボ払いに変更することが多く、毎月支払方法の変更をしているのです。そんな人には、このリボ払い専用カードは絶好のカードです。毎月の支払額が固定されているのも安心点のように見えます。
しかし、リボ払いには限度額があります。一定額の限度額に達してしまうとそれ以上使うことはできません。他のリボ払い専用カードを申し込んでも割賦販売法の限度額があるため審査に通りません。
多くの人は、ここでやっと支払は続くのに、買い物ができないという事実に気が付きます。カードローンでとりあえず支払をしようとしても、割賦販売法の限度額に達した人には銀行も消費者金融もカードローンの審査を通しません。
どうしようもなくなり、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人もいますが、長くは使えない方法です。結果として債務整理に追い込まれるのです。

後払いのできる人とできない人

予算が組めない人は現金決済がお勧め

今やクレジットカードを利用することは当たり前のようになっていますが、誰しもがクレジットカードを問題なく使いこなせるとは限りません。クレジットカードを問題なく使うことができるのは、自分の収入と支出を把握して、予算を組むことができる人だけです。
これができない人がクレジットカードを使ってしまうと、支払管理ができなくなり決済日に支払不能となることが多くなるのです。自分の予算が組めない人はクレジットカードを使わずに現金決済かデビットカードを使うべきでしょう。後払いのできる人とできない人
予算がきちんと組める人は、クレジットカードを利用しても支払日がいつになるかを集計しているので、資金ショートすることはありません。このような人がリボ払いをしても、いつ支払が終わるかを把握していますし、資金的な余裕かある月には繰上返済をするようにカード会社に対して連絡しています。
しかし、このようなことができる人ばかりではありません。むしろ少数派でしょう。これに対し、クレジットカードの支払ができなくなってしまい債務整理に追い込まれる人は、もっと多いのです。

家計簿をつけられないなら預金通帳が頼りになる

このような予算を組むためには、自分の支出がどのようになっているかを把握する必要があります。このために家計簿が役に立ちます。家計簿をつけることで自分の支出がどのようになっているかわかります。
もし、家計簿を付けられないのであれば、預金通帳やクレジットカードの請求書でも家計簿の代わりになります。家計簿を付けることができる人ばかりではないので、このような代替手段を検討してみるのも一つの方法でしょう。家計簿をつけられないなら預金通帳が頼りになる
独身の方の中には、自分ひとりなのに家計簿など付ける必要がないと考えている人もいらっしゃるようです。もちろん、家計簿を付けなくても自分の予算を組むことができて、支出を把握できていれば家計簿をつける必要はありません。しかし、それができないのであれば家計簿を付ける必要があります。
もっとも、家計簿とはいっても難しいものではありません。お小遣い朝の延長上にあるようなもので、支出だけをノートに書いていけばいいのです。最近はクレジットカードでコンビニ決済もできる時代です。現金で支出するような買い物は多くないため、預金通帳やクレジットカードの請求書を併用すれば家計簿を付けても手間はかからないかもしれません。
しかし、家計簿をつけることで自分の支出を改めて認識することができます。預金通帳の中身を確認していない人も多いようですが、このようなことをすることで、解約したと思い込んでいた有料放送の支払が残っていたというようなことがわかることとがあります。

給料振込口座とクレカ決済口座は分けよう

クレジットカードの決済口座を給与振込口座と同じ口座にしている人も多いでしょう。支払という観点では一番確実な方法であり、銀行や信販会社が一番勧める方法です。クレジットカードを初めて使う人であれば、この方法にすれば支払不能を防ぐことかできます。給料振込口座とクレカ決済口座は分けよう
しかし、この方法はクレジットカードを利用してもどんどん決済できてしまうので、無駄遣いが止められなくなってしまいます。また、意識しなくても決済ができてしまうので予算を組むという習慣ができなくなります。
このような弊害を防止するためには、ちょっと面倒ですが、給与振込口座とクレジットカードの決済口座を分けることをお勧めします。油断していると支払不能になりますし、残高を定期的に確認しなければいけないので面倒ですが、支払額を自分で認識することができます。
クレジットカードを使いすぎる人の多くは、支払明細を見ていません。支払明細を見ないため自分がどれだけ買い物をしているかがわからなくなるのです。また、クレジットカード決済口座に自分のお金を移すことで、給与振込口座の残高が減りますから買い物をしたことを実感できるのです。

ポイントより安全性

クレジットカードを利用する人の多くは、ポイントを重視しています。1%程度のキャッシュバックや値引きのために努力をしている人も多いのですが、ポイントランクの境目にいる人がランクアップのために無駄遣いをしているのを見聞きすると、本末転倒という諺を思い浮かべることがあります。ポイントより安全性
ポイントより支払の安全性の方がよほど大切です。ポイントのために無駄遣いをするのは論外ですが、ポイントが高いし支払が楽だからとリボ払いを選択することは、支払を長期化させるため自分のリスクを大きくするだけです。
クレジットカードを利用するのはいいのですが、支払を確実にすることが一番大切です。リボ払いを選択して支払を繰り延べてしまう事は、結局支払ができるかどうか不明確なまま問題を後送りにしているにすぎません。
そのようなことを繰り返していると、しばらくするうちに給与が下がって支払に苦労することになったり、支払額が少ないため安心してしまい買い物のし過ぎになってしまうのです。クレジットカードは誰もが安全に使うことができるものではないことは覚えておいた方がいいでしょう。

クレジットカードを解約してキャッシングをする選択

リボ払いの呪縛

昔、何かのCMで「わかっちゃいるけどやめられない♪」というフレーズがありましたが、お酒やたばこなどお医者さんから控えたり止めたりするように言われても、習慣になっているとなかなかやめられません。しかし、自分の健康のためにはやめないと危険なことになりかねません。
クレジットカードのリボ払いも同様の性格があり、一度使い始めると居心地がいいため、抜け出すことができません。しかし、真綿で首を絞められるようなもので、ジワジワと支払が苦しくなり、気が付いたときには手の施しようがないほどになってしまうのです。リボ払いの呪縛
カード会社もリボ払いは手数料収入が大きいので、積極的に営業活動をしています。リボ払いにはポイントを多くしたり、リボ払い専用カードを作ったりしているのはその一環です。カード会社にとってはリボ払いをしてくれる会員は「お得意様」です。
しかし、利用者にしてみれば、この呪縛から逃れることは簡単ではありません。誰しも資金繰りというものがあり、リボ払いをするように毎月の支払が自然と組まれてしまうのです。また、往々にして余裕があると新しい買い物をしてしまいがちであり、リボ払いの残高が一杯残ってしまいがちです。

誘惑を断ち切れないなら解約しよう

リボ払いは利用しないように自制すべきですが、どうしても頼ってしまいがちになります。人間必ずしも意志が強いわけではないので、クレジットカードを利用しているとリボ払いにしたくなります。しかも、最近は支払日直前までリボ払いへの変更ができるようになっているため、更に始末が悪いのです。誘惑を断ち切れないなら解約しよう
こんなにたくさん「リボへのお誘い」があると、確かに誘惑を断ち切ることは難しいと言えます。それならクレジットカードを解約した方がいいでしょう。もちろん、リボ払いの残高が残っているとカードの解約はできません。少なくとも、新しいリボ払いを発生させないために財布からクレジットカードを全て抜き出してしまっておくといいでしょう。
リボ払いの残高は、ボーナスなどで返済することになりますが、それが難しければカードローンやおまとめローンで返済するといいでしょう。消費者金融のおまとめローンはリボ払いの返済には対応してくれないので、銀行のおまとめローンを使うことになります。
ただ、おまとめローンは融通が利かないので、まず消費者金融でカードローンの申込をした方が賢明でしょう。それでリボの残高を完済できないようならおまとめローンを検討すればいいのです。

デビットカードも悪くない

とはいえ、このご時世クレジットカードを使わないと日常生活に支障が出ることも事実です。しかし、そのようなニーズに応えることができるのがデビットカードです。利用の都度、銀行口座からすぐに引落がされるため、残高が後に残ることはありません。
最近は、大手スーパーや通販系の信販会社がデビットカードを発行し始めています。一部の銀行でも発行を始めているようで、探せばいくらでもあります。ほとんどのデビットカードではポイント制度がなかったり、クレジットカードより還元率が低いのが欠点ですが、使いすぎによるリスクを防ぐためにはやむを得ないでしょう。デビットカードも悪くない
デビットカードは、支払が利用の都度引き落とされると言う点がクレジットカードと違うだけで、他の機能は同じです。デビットカードを見るとVISAなどの海外の決済ブランドが付いていますが、利用できる店舗はクレジットカードと同様なのです。
もちろん、預金からすぐに引落がされるため、預金残高が不足していると利用できません。また、預金から引落がされても、他の公共料金などが残高不足で引落不能にならないかを気を付ける必要もあります。デビットカードの引落口座と公共料金の引落口座は分けた方がいいかもしれません。

資金不足はカードローンで解決

このような生活をしていると、資金不足になることがあります。従前であればリボ払いで対応していたでしょうが、クレジットカードを使わない生活をするようになると、そのようなことはできません。資金不足はカードローンで解決
このような場合にカードローンを使うのです。先程、おまとめローンは融通が効かないと言う話をしました。ローンをいくらに設定したかは人によりさまざまですが、返済が続くと残高が減ってきます。必要であれば、この時点でカードローンを契約するといいでしょう。
おまとめローンは、年収の3分の1という総量規制の限度を超えた借金をしてしまった人のためのローンです。そのため、おまとめローンを始めた当初はカードローンを新しく契約することは原理的に無理です。
しかし返済が進み、残高が年収の3分の1を下回ればカードローンを申し込む余地が生じます。おまとめローンを始めた当初は余裕がなくて苦労することも多いですが、返済が進めばこのような余裕もできるのです。
もちろん、カードローンを契約してもすぐに使わなければいけないことはありません。無利息キャンペーンのこともあり、すぐに借りないと損をするようなことを言われることもありますが、借りてしまうと返済ししなければいけないことを忘れてはいけないのです。

リボ払いをカードローンで清算しよう

リボ払いからの脱出

リボ払いを一度始めると、なかなか抜け出すことができません。これは支払が少なくなるため、ぬるま湯に入っているような状態になるのと、気軽に買い物をしてしまうことが原因です。リボ払いは確かに支払額が少なくなりますが「チリも積もれば山となる」という諺があるように買い物が増えれば支払額も増えます。
しかも、その支払はかなり長期間にわたり続きますから始末が悪いのです。 リボ払いが多くなって債務整理に追い込まれる人は、カードローンを原因として債務整理をする人より多いのです。リボ払いの怖い点は、自分がいくらの借金があるかが見えにくいことなのです。リボ払いからの脱出
もちろん、カード会社からの明細書を見れば、残高はわかるのですが、結構面倒な数字が並んでいたりしてわかりにくいのも現実です。そのため、残高を確認していない人が多いようです。支払残高がわからなければ危機感も出てこないのです。
しかし、リボ払いで買い物をしていることが多ければ、一念奮起してリボ払いを止めることを考えなければいけません。最近は、利用額の全てがリボ払いになる恐怖のカードも少なくありません。この生活から足を洗うことが第一です。泥沼にはまる前に自分で脱出する決断をすることが一番大切です。

一括払いの徹底

クレジットカードの利用は一括払いが鉄則です。リボ払いは結局お金を借りて買い物をしていることになりますから、手数料の支払が必要です。手数料の割合は年利14%程度と、カードローンに比べれば高くはないように見えますが、高利であることは変わりありません。
一括払いをすると高いものが買えないと言う人もいるでしょう。しかし、そうであれば本当にその買い物が自分に必要なのかを再度自問自答すべきでしょう。高価な買い物をするのであれば、衝動買いするのではなく、慎重に支払計画を立ててから買うべきです。そして、買うと決めたら一括払いで買い物をするのです。一括払いの徹底
そうすると、支払をどうするのかという疑問が生じます。ここで、カードローンを利用するのです。決済日に消費者金融などに申込をすれば、即日融資をしてくれますから安心です。それならリボ払いと一緒ではないかと言われるかもしれませんが、カードローンの場合は、繰上返済をすることで残高が減っていくことを実感することができます。
もちろん、借りている金額は、リボ払いの明細表のようにわかりにくいものではなく、ある意味利用残高として冷酷に表示されます。自分の借金を明確に認識することができるのです。

足らなければカードローン

今までリボ払いをしていた人にとって、それを全額清算することは楽ではありません。消費者金融のおまとめローンは、リボ払いの決済に対応してくれませんし、銀行カードローンも審査が案外厳しいです。
リボ払いの金額がいくらかにもよりますが、まずはカード会社に電話をして繰上返済の方法を確認してみましょう。おそらく、次の支払日までできないと言う回答になるでしょう。そして、いくら支払するかを決めて欲しいと言われるはずです。足らなければカードローン
そこで、手持ちの現金とカードローンで何とか賄うことができないか考えるのです。ボーナス等が近ければ、そのボーナスで一括返済することも一つの方法です。もちろん、ボーナス一括払いなどで買い物をしていないことが前提です。
リボ払いの残高がたまっていると感じたら、もう危険信号です。銀行のおまとめローンを使ってもいいのですが、カードローンの利用で清算できそうであれば消費者金融などのカードローンをお勧めします。
おまとめローンは、利率が低いので魅力的のように見えますが、追加の借入ができないので、次に買い物をする必要が生じた際にリボ払いを選択せざるを得ない事態になりかねません。融通が利かないおまとめローンより、カードローンの方がいざという時に役に立ちます。

自分に厳しく返済しよう

もっとも、カードローンの債務残高がいくら明確に表示されるととはいえ、返済しなければ残高は減りません。自分の給与収入と毎月の支出を見比べて、いくら返済できるかを調べることが第一です。
また、単に差額だけを算定するのではなく、自分の生活を見直して保険などで解約できるものを解約し、返済資金を捻出することが必要です。都心部在住の方で、月極駐車場を借りて車を持っている人は、車の売却も検討すべきです。家賃も高すぎないかを検討する余地があるでしょう。引っ越しをすると支出が増えますが、家賃が安くなれば取り戻すことができます。実家から離れて暮らしている人であれば、実家に戻ることでかなり余剰資金が捻出できるはずです。自分に厳しく返済しよう
そして、返済できる金額は毎月必ず返済することが必要です。自分に厳しく返済を続けることが一番大切なのです。消費者金融のカードローンは、大手であれば繰上返済が可能です。また、ネットバンクで手軽に繰上返済ができる消費者金融もあります。リボ払いではこのようなことはできません。
リボ払いをカードローンを利用することで解消し、カードローンだけを返済すればいい状態にすることがスタート地点です。そして、自分に厳しく返済を繰り返すことで、完全にリボ払いを清算することができるのです。

リボより利率が高くてもカードローン

利率の問題ではない

ネットの記事を見ていると、リボ払いはカードローンより利率が低いため、カードローンを使わないようにしようという内容のものが見受けられます。確かに、単純に数字だけ比べれば、大手消費者金融の利率が18%前後に対し、リボ払いの手数料率は14%利率の問題ではない程度です。
しかし、両者を比べるとクレジットカードで一括払いを選択し、カードローンを使って返済した方が、総支払額を安くすることができる場合が多いのです。もちろん、何の努力もしなければ金利通りの結果が出ますが、少しでも早く返済してしまおうと努力すれば、その結果に差が出ます。
これは、カードローンの場合繰上返済をすることができるためであり、早目に返済をすることができるのです。もちろん、カードローンの基本的な返済方法はリボ払い同様ですから、何もしなければ、毎月の支払額は驚くほど少額です。
カードローンとリボ払いの違いは、繰上返済の差ですが、お金を借りていると言う意識付けができる点も一つの利点です。リボ払いの場合、分割払いという名称になっているため、利息を支払っている意識さえないことが多いのです。
このように、カードローンを使う事は利率以上のメリットがあります。最近の消費者金融は契約当初に1か月程度の無利息期間があります。無利息期間をフル活用することで、リボ払いの手数料率との差を縮めることも可能です。

早期完済が目的

このように、あえて金利が高いカードローンをお勧めする理由は、早期完済にあります。借金はできるだけ一本化して、残高を管理することが一番完済しやすいし、返済している充実感もあります。
また、クレジットカードの支払とカードローンの支払が両方あると、支払管理が面倒で気が滅入ることがあります。多くなると鬱状態になることも少なくありませんが、このような悩みを解決する手段としておまとめローンがあります。しかし、自分でカードローンを契約することでおまとめしてしまえばいいのです。早期完済が目的
しかし、カードローンで早期完済するためにはそれなりの精神力が必要です。リボ払いが癖になってしまったり、リボ専用カードを使っていたような人は別として、リボ払いを選択したという事はそれなりに高い買い物をしたはずです。
高額商品を買う際も、リボ払いを選択すれば毎月の支払額を抑えることができるため、支払の見通しもないまま使ってしまいがちです。しかし、いつになったら終わるかわからないリボ払いの返済中に、もし別の支出が必要になったらリボ払いの残高や支払額が膨れ上がるだけです。
このような悪循環を断ち切るためにカードローンを選択するのです。強い意志が必要になります。

リボ払いは繰上返済が難しい

リボ払いは、繰上返済が難しいと言われています。もちろんできないことはありませんが、手続が面倒だったり、各種のメリットがなくなったりするため、繰上返済をする人は少ないのです。しかし、メリットがなくなるとはいえ、その多くはポイントの優遇だったりします。
リボ払いをするとポイントが上がるケースが少なくありません。それを目当てにリボ払いをしている人もいるほどです。しかし、カード会社はリボ払いの手数料収入があるので十分ペイするのです。言い方を変えれば、ポイント目当てでリボ払いをするのはカード会社の思う壺なのです。リボ払いは繰上返済が難しい
リボ払いの繰上返済は、このように手続も面倒ですし、やめないことによる見かけ上のインセンティブが大きいです。そのため、実際にリボ払いを繰上返済する人は多くないのが現実です。
とはいえ、繰上返済をしないと負のループから抜け出すことはできません。そのためのツールとしてカードローンは大きな役割を果たすことができます。

カードローンの限度額を上げよう

しかし、リボ払いを解消するためにはカードローン残高をそれなりに上げる必要があります。カードローンの限度額は、消費者金融の場合収入の3分の1と限定されています。銀行でも半分程度だと言われています。
リボ払いの限度額は、割賦販売法という法律によっているため、カードローンの限度額とは別枠です。もし、リボ払いを全額解消するためにカードローンを使いたいけど、利用限度額が少ないのであれば、自分の源泉徴収票などの収入証明書を取引している消費者金融などに持って行き相談してみるといいでしょう。カードローンの限度額を上げよう
リボ払いの残高が多いと、カードローンの限度額を上げにくいのも事実で、おまとめローンを勧められるかもしれません。利率も低いからと熱心に勧める消費者金融も少なくありません。しかし、できるだけ融通の利くカードローンの方が有利なのです。
カードローンの限度額を上げるためには、消費者金融に自分のことを信用してもらう必要があります。今まで、もし支払が遅れた経験がある場合は不利になります。
1日や2日程度支払日から遅れて支払いをしてもブラックリストに載るようなことはありませんが、その記録は消費者金融には残ってしまいます。リボ払いから脱出するためだけではなく、カードローンは限度額が高い方が有利です。支払期日を守る習慣を付けることは、将来の自分のためにもなるのです。