カテゴリー別アーカイブ: おすすめキャッシング

ハイスピードキャッシングはみんなをハッピーにする

すぐに終わるキャッシング審査

大手に限らず、中規模の消費者金融も即日審査や即日融資をセールストークにしています。即日審査はともかく、即日融資は本当にできるのかと疑問に持つ人もいるでしょうが、条件さえ整えば実現します。すぐに終わるキャッシング審査
その秘訣はスピード審査です。現在の消費者金融の審査はコンピューター審査ですから、すぐに終わってしまうのです。ほとんどの方は、審査担当者の目を通ることなく審査が終わります。もちろん、落とされる人はほんの一握りで、ほとんどの方に対して融資限度額と利率の通知がされます。
1時間もしないうちに連絡が来るので驚かれることでしょうが、これでも余裕を持って審査をしていると考えて間違いありません。本来なら、1分程度で審査結果など出力されるのです。それを間違いがないか再度チェックしてから、仮審査終了として連絡をしているのです。
こんな審査でいいのかと思われがちですが、消費者金融の審査プログラムを甘く見てはいけません。統計データの塊と今までの経験がぎっしり詰まった審査マニュアルがプログラム化されているのです。
消費者金融の審査精度はかなり正確で、申込内容から、その人が毎月どの程度返済できるかがわかるのです。もちろん、申込内容だけではなく、信用情報機関のデータから、クレカの利用状況がわかるので、その人の現金収支が予測できてしまうのです。

自分も相手もメリットはある

このようにして、自分の知らないうちに自分のお財布の中がどうなっているかが、消費者金融に判るのです。ちょっと気味が悪い話ですが、このような判断ができるからこそ、消費者金融は、こんなハイスピードで融資の診断ができるのです。自分も相手もメリットはある
ハイスピードで審査が終わり、申し込んだ日のうちにお金を借りることができたり、自分の口座に振り込んでもらうことができるのは大きな魅力です。しかし、同時に消費者金融側にも手間がかからないというメリッットがあります。
コンピュータープログラムを作成するのは、手間もかかるしコストもかかります。かなりの規模のプログラムになるので、コンピューター自体大型のシステムが必要です。しかし多くの申込を受け入れることができれば、一件当たりのコストはどんどんと安くなります。
最近は、消費者金融が銀行傘下に入り銀行系カードローンの審査をしています。又は、提携している信販会社などに審査を依頼していることもあります。銀行は審査スピードが速くなり、顧客も喜びます。そして、システム開発費などを回収できる信販会社なども喜んでいるのです。
コンピューター審査は、利用者だけではなく金融機関にとっても大きなメリットがあるのです。

審査マニュアルの高性能化が利便性をあげる

このように、審査マニュアルの精度が上がってきたのは、データの精度が上がったことも一因です。申込者のクレカの利用状況を全てデータとして取り込み、そのデータを解析することで毎月の支出がわかるのです。審査マニュアルの高性能化が利便性をあげる
また、収入証明書の提出を省略したとしても、年齢と職業で収入の見込額は予測できます。いろいろな統計資料を取り寄せて、データを作り上げるのは大変ですが、少しでも新しいデータを取り込んでいくことで審査の精度を上げていくことができるのです。
そして、データだけではなく審査マニュアル自体の性能も上がっています。大手消費者金融であれば、自社顧客の中でどのような人が任意整理や自己破産などの債務整理に追い込まれたかをデータベース化しています。大手なので事例的にも多いはずです。
これらの情報を審査マニュアルに反映させることで「危ない人」を把握することが可能です。もちろん、このような審査をすることで「危ない傾向にある」申込者が、排除されたり、融資限度額が削られる欠点はあります。しかし、大量の申込を効率的に処理するためには、仕方ないのです。

在籍確認も電話連絡もないキャッシングはこうして実現する

一部の消費者金融では、WEBだけで電話確認を一切しない消費者金融があります。ちょっと信じられないのですが、在籍確認を省略すればいいだけなので、その工夫ができれば問題ありません。在籍確認も電話連絡もないキャッシングはこうして実現する
まず、本人確認書類や収入証明書の提出は必須です。別に、これらの書類を提出すること自体が問題になる人はいないでしょう。これに加えて、健康保険証と直近1か月の給与明細の提示も求めます。こうすることで在籍確認を省略することができるのです。
また、同時に提携している銀行に口座を持っていることも必要です。給与振込をしていることを要求していないことから、在籍確認の代わりにするというよりは、カードレスキャッシングをさせるために、融資資金振込口座を設定させていると考えた方がいいでしょう。
こうすることで、本当にメールだけで審査が通り、融資をしてもらうことができます。しかもカードレスキャッシングですから使い勝手もよくて言う事なしです。
このようなキャッシングサービスが実現するのは、審査マニュアルが確実であるためです。消費者金融が自社のマニュアルに自信を持てなければ、こんな思い切ったサービスは提供できないのです。

レディースキャッシングは有利か?

商品内容は同じ

消費者金融でレディースキャッシングというものが増え始めています。女性向けのローンなのですが、別に金利も融資限度額も優遇してくれません。ただ単に女性担当者が相手をしてくれるだけです。消費者金融によっては女性向け窓口としての位置づけの場合もあります。商品内容は同じ
男性には理解できないレディースローンですが、女性にとっては切実な問題だったようです。昔から消費者金融は男性が多い職場で、女性は利用しにくかったと言われています。女性専用ローンとして、窓口担当者を女性にしただけで顧客が増加したローン会社があるほどですから、女性にとって借金の相談は、それが他人であっても男性にはしたくないもののようです。
商品内容が同じでも、このような理由でレディースキャッシングが多くなりました。最近の消費者金融は、受付での「当たり」がいいため、女性従業員を多く雇用しています。そのため、レディースキャッシングとして窓口を作ることは難しくありません。
何も変わらないとはいえ、結局申込や相談をする女性が電話をしやすければ、その分新規顧客になる可能性が高いのです。消費者金融が積極的になるのもうなずけます。

審査も有利になりません

このように審査では何の考慮も得られないレディースキャッシングですが、それでもわざわざ窓口を分けているため、何か優遇を受けることができるのではないかと期待している女性の方が多いようです。
もともとこの手の「お得情報」は男性よりも女性の反応がいいです。しかし、審査では全く考慮してもらえないことがわかると、かえってがっかりしてしまう人も多いようです。審査も有利になりません
もっとも、期待の内容はどうあれ、お金を借りたいからレディースキャッシングに電話をしてくることは間違いありません。そこから先は、消費者金融の女性担当者の話術で、そのまま契約に持ち込めるかどうかが決まります。
レディースキャッシングの中には、相談重視の消費者金融もありますから、そのまま契約に結び付けることかできるとは限りません。実際の申込はスマホやパソコン経由が主流だからです。
人によっては、女性は男性より金銭感覚が優れているから、貸倒の可能性が低いと考えている人もいるようです。しかし、現実にはそのような「法則」は当てはまりません。ブランドバッグなどを買い過ぎる買い物狂となり、リボ払いからカードローンに至り、そのまま債務整理一直線に陥る人は女性が圧倒的に多いのです。

男性には決してわからない乙女心

男性側からすると、このようなレディースキャッシングは理解しがたいものがあります。もともと消費者金融の窓口担当者の多くは女性であり、実際に申込確認の電話などを受ける際も女性が多いのです。男性には決してわからない乙女心
そのため、あえてレディースキャッシングなどと名前を付ける必要はないのではと考える人も少なくありません。現実に消費者金融の中でも、レディースキャッシングとして早くから設置していた消費者金融もありますが、最近始めた消費者金融もあるのです。
これは、他社が始めたから自社もやらないと顧客を取られると言う危機感の表れでもあります。しかし、男性には決して理解できない乙女心が消費者金融の上層部にもわかってきたことも一つの要因です。
レディースキャッシングと表示されている電話とそうでない電話では、女性からすると当然レディースキャッシングの方に掛けます。別に消費者金融でお金を借りるだけなので、相手が男性だろうが女性だろうが同じなのですが、お金を借りると言う行動は、性別にかかわらず、多少なりとも後ろめたい行動なのです。
そのような状況で、女性が男性に借金のお願いをするのは、たとえ相手が全く知らない他人であり、しかも電話応対なので顔を見る事さえなくても気後れするのです。相手が女性であれば、多少なりとも気楽に相談ができますし、自分の悩みをわかってくれるかもしれないと言う安心感や期待感もあります。
こんな乙女心は男性には決してわかりません。消費者金融も社外講師の研修などで女性に対する接客技法を教えていますが、性別の違いを乗り越えることは困難です。

安心感が最大のサービス

このように、何の優遇措置もないレディースキャッシングの最大のメリットは「安心感」です。安心感を与えることができれば、レディースキャッシングは成功なのです。安心感が最大のサービス
レディースキャッシングを設けている消費者金融は、あえてレディースキャッシングを利用しない女性や男性に対しても好感を与えます。要するに「ここの消費者金融は顧客のことを考えている」と思わせるのです。つまり、消費者気金融の営業態度に好感が得られると言うわけです。
レディースキャッシングは、一見何の意味もないサービスに見えます。しかし、このサービスがあるから消費者金融に電話ができたと言う人も少なくないのです。男性にはわからないのですが、やはり女性にとって消費者金融は怖いと言うイメージがあるようです。
レディースキャッシングは、そんな乙女心を味方にする消費者金融の優れたサービスの一つであり、消費者金融に入りやすくなると言う意味で、女性にとって有利なサービスだと言えます。

家族にバレたくなければ、銀行系カードローンがおススメ

普通預金とコンビになっているためバレない

カードローンなどでキャッシングをすると、郵送物などが届くことで家族にバレることがありますが、それ以外にも何かの拍子に消費者金融のローンカードなどが見つかってしまってもバレます。利用していないと言い張っても、家族は必要以上に心配することになり、親などからは「すぐに解約しろ」とうるさく言われることも少なくありません。普通預金とコンビになっているためバレない
こんなことで家庭内のトラブルを引き起こしても意味がありません。しかし、銀行カードローンなら比較的このような問題が起きないことが多いです。すべての銀行で同じことが言えるわけではありませんが、ネット銀行を中心にしてキャッシュカード自体を普通預金とカードローンとコンビ形式のカードにしていることが多いためです。
カードローン契約をしているかどうかはキャッシュカードだけではわかりません。また、銀行の場合は消費者金融ほど利用についてうるさい規定がありません。また、銀行ATMでキャッシングをしても全く周囲からは不審に思われることはありません。
ネットバンクの入出金は、コンビニATMで行うしかありません。コンビニATMで操作をしていると、たまに「消費者金融の利用ではないか」と思われることがあるようです。万が一そんなことで家族などから問い詰められても、「ネット銀行だから仕方ない」と言い張ることが可能です。
コンビカードになっている銀行カードローンならバレる可能性は最小限です。

銀行からの郵便物なら不審がられない

銀行によっては、カードローンの利用の都度郵送物を送って来たりすることがあります。しかし、消費者金融の郵便物ならともかく、銀行の郵便物なら不審がられることは少ないはずです。しかも、中がわからないように封がしてあるハガキの形式をとっていますから心配無用です。銀行からの郵便物なら不審がられない
これは、最初に銀行からローンカードが送られる場合であっても同様であり、消費者金融からの書留であればひと騒ぎ起きるかもしれませんが、自分たちが利用している銀行であれば疑いをもたれることはほとんどないはずです。
消費者金融の場合、カードローン利用がバレる最大の原因は郵便物の存在ですが、銀行の場合はそのようなことがありません。人によっては銀行でカードローンを取り扱っている事すら知らない人もいます。
銀行系カードローンなら家族にバレにくいと言われる理由は、このような点なのです。

銀行の無人契約機

最近は銀行系カードローンでも無人機で契約ができるようになりました。電話などでも申込ができるのですが、基本的に銀行のカードローンは口座を作らないと契約できません。既に口座があればいいのですが、評判がいいメガバンクのカードローンを新しく利用したいのであれば審査上も有利なので、口座開設をお勧めします。銀行の無人契約機
その際、銀行の無人契約機で申込をするとずいぶんと便利です。口座開設をする際には印鑑と身分証明書を持って行く必要がありますが、同時にカードローンの申込ができる場合もあります。ネットバンクであればもっと話は簡単で、開設時にカードローンの申込の有無をチェックする欄があることもあります。
また、特に多額の限度額が必要でなければ、多くの銀行が普通預金に当座貸越のような形でカードローンを付けてくれることがあります。限度額は10万から30万円程度と少ないのですが、ちょっとしたお小遣いの前取りと考えるのであれば、これで十分かもしれません。
しかし、この手のローンは金利が高いのが欠点です。融資限度額が少ないので利率が高くなるのです。とはいえ、多くの場合ローンカードを新たに発行することはないため、コンビカードの形式になり家族にバレにくい利点はあります。金利が高い点も、利用額が少なくて早期に返済するのであれば、大きな問題ではありません。

銀行と消費者金融ではイメージが違う

銀行と消費者金融は、同じカードローンという商品を取り扱っていたとしても、そのイメージに大きな違いがあります。銀行系カードローンは、銀行のローンだからしっかり審査をしているから安心して利用できると考えている人も多いようです。銀行と消費者金融ではイメージが違う
万が一カードローンを利用していることがバレたとしても、消費者金融と銀行では、家族の方の受け止め方が全然違います。
現実は、銀行系カードローンの審査を消費者金融や信販会社がしており、その内容は全く相違がないのです。しかし、年配者の方を中心にして、そのような実態を知らない人が結構多いのです。
銀行のカードローンの場合、多くの方は定期預金を担保にした当座貸越の延長上程度のイメージしかないです。そのため「使いすぎないように気を付けろ」と言われるだけのことも少なくないようです。これが消費者金融になると、いきなり家族中で心配の種となり、すぐに解約しろと毎日のように言われることになります。両者は全く同じ商品という事に誰も気がついていないのです。
このように、銀行と消費者金融では、受け取られるイメージが大きく違います。実際にバレる原因も少ないことから、家族に内緒でキャッシングをしようとする場合は、銀行系カードローンが一番の選択だと言えます。

家族に完全にバレないキャッシングのコツ

郵送物が鬼門

あまりお勧めする話でもないのかもしれませんが、家族の方に内緒でキャッシングをしたい人が多いようです。家庭の主婦の方やお父さんもそうです。ちょっとお金が足らないからキャッシングしようとするのでしょうが、他の家族の人はずいぶんと心配するでしょう。郵送物が鬼門
その心配を現実のものとしないためにも、計画的な利用をしていただきたいものですが、家族の方に完全にバレないようにするためには、郵送物をどうするかという点が最大の難関になります。
消費者金融や銀行でキャッシングをすると、最低限ローンカードは書留で郵送されます。日ごろ自宅にいる家庭の主婦の方であれば別ですが、それであっても姑さんなどと同居していると、ばれる心配がゼロだとは限りません。また、旦那さんが平日休みであれば、旦那さんが受け取ってしまう可能性がゼロだとも言い切れません。
また、消費者金融などでキャッシングをすると、利用明細の交付が義務付けられています。この明細は、コンビニATMで利用した場合に発行されることが多く、内容が多いためATMから出てくる明細書には書ききれないため郵送されるのです。
これらの郵送物をストップすることは基本的にできません。特に、利用明細については、貸金業法などで提示が義務付けられているので、送らないわけにいかないのです。しかし、この郵送物は家族の方にキャッシングをしていることがバレる最大の原因です。

何もなくなる無人機の申込

最初の申込の際に郵送物をゼロにする方法として、無人機での申込が挙げられます。無人機で申込をすれば、ローンカードはその場で渡されますし、申込内容の際に提示する文書も同時にもらうことができます。何もなくなる無人機の申込
無人機店舗での申込をすることで、郵送物を送付されることによる問題点はかなり改善されます。ただし、消費者金融によっては本人の住所確認の観点から、ハガキを1通送ることはあり得ます。必ずしも郵送物がゼロになるとは限らないので、注意の必要があります。
無人機店舗であれば、担当者と直接話をすることができるので、申込をする前に確認することをお勧めします。申込後の場合、契約が成立してしまっていたり、審査のために信用情報機関に照会されている場合があります。
郵送物があるから別の消費者金融で申込をしようとしても、短時間に複数の消費者金融に申込をすると、「申込ブラック」として審査すらされずに落とされる可能性があります。同じ日に複数の申込をすると、何らかの理由で断られ続けているのではないかと警戒されることが原因です。

利用すると送られる明細書

無人機店舗で申込をしても、利用の際に郵送物が送られることがあります。先程挙げた利用時の明細です。法律で送らなければいけないことになっているので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、これもやり方ひとつで回避することが可能です。利用すると送られる明細書
コンビニATMでは難しいのですが、契約した消費者金融の店舗に設置してあるATMを利用すればいいのです。利用にあたっての伝達事項などはATMに貼ってあったりしますから、改めて説明する必要はないのです。
また、利用後に出力される明細書も消費者金融独自の様式なので、法定されている伝達事項などを比較的スムーズに出力することが可能です。こうすれば自宅にわざわざ郵便物を送る必要がありません。
利用者も一安心ですが、消費者金融側も郵送料金が節約できますから、両者ともにメリットがある方法です。更に、消費者金融に設置してあるATMであれば、コンビニATMと違い、利用手数料の支払も必要ありません。
ただし、利用したい人にとってはわざわざ消費者金融の店舗ATMに行く必要があるため、利便性が高いとは言えない点が欠点です。

カードレスが一番お勧め

消費者金融店舗に設置されたATMを利用せずに、お金を借りる方法として、最近はカードレスの方法でキャッシングできる消費者金融が増加してきました。カードレスというと難しそうに聞こえるかもしれませんが、要するに振込の方法でキャッシングするものです。カードレスが一番お勧め
大手消費者金融であれば、契約者ごとのマイペーシが準備されています。そこにログインして自分名義の口座にキャッシングしたい資金を振り込んでくれるのです。手数料は無料のことが多い上に、自分の口座に振込んでもらえば出金も楽です。
この場合、キャッシングの際に伝達すべき事項は全てパソコンやスマホの画面上に表示されます。要するに郵送物が一切なくなるのです。この方法であれば、家族ばかりではなく、他人に一切バレないキャッシングの方法です。
郵送物がなくても、コンビニATMで操作しているだけで、案外キャッシングしているとバレてしまうことが多いのです。田舎では、コンビニの従業員が地元の人であることも少なくありません。付き合いの幅が狭く深いので、ちょっとしたことでもすぐに家族の耳に入ることが少なくありません。
完全に家族にバレないようにキャッシングをするのであれば、申込を無人機店舗で行い、そしてキャッシングはカードレスの方法で行うのがベストの方法です。もっとも、後で支払不能のような事態になると話がややこしくなります。返済できる範囲内で利用することが鉄則です。

消費者金融のキャッシングを強くお勧めする理由

振込銀行の制約がない

カードローンなどのキャッシングを申し込む際、なぜか銀行の評判が高いようですが、実際には消費者金融の方が使い勝手がいいことが多いです。サービス内容は、消費者金融によって違いがありますから、確認の必要がありますが、大手であれば銀行よりお勧めできることが多いです。振込銀行の制約がない
消費者金融のサービスで、一番お勧めしたいのは振込によるキャッシングです。手数料が必要なコンビニATMを利用するカードキャッシングに比べて、手数料がかからないばかりか、周囲に消費者金融を利用していることが一切わからないメリットもあるのです。
銀行系カードローンでも最近は同様のサービスを提供しています。しかし、銀行の場合は、自行の口座か提携している系列銀行の口座にしか振込をしてくれません。
これに対し、消費者金融の振込キャッシングであれば、自分名義の口座であればどこの銀行にでも振込をしてくれます。銀行口座の制約がないので、自分のメインバンクから引き出しができます。銀行ATMから引き出しをすれば、キャッシングしたのかどうかなど周囲にはわかりません。
振込キャッシングの指示は、スマホやパソコン経由で行います。多くの場合、利用の都度郵送される取引明細書もスマホやパソコンで確認することになります。必ずしもお勧めしませんが、家族に内緒でキャッシングをしたい場合などに便利です。

金利はさほど変わらない

銀行系カードローンは金利が安いと言われていますが、実際に多くの銀行のカードローン金利と大手消費者金融の最高金利を比べてみると、両方とも年利18%と同一です。金利はさほど変わらない
銀行の場合、メインバンク制度があり、借入の際に金利を優遇してくれることも多いのですが、カードローンの場合優遇措置がないことも少なくないのです。
カードローンと言う商品は、銀行にとってあまりありがたい商品ではありません。貸倒の危険性が一番高い貸付だからです。もともとカードローン営業を得意としていなかった銀行が、カードローンを始めることができたのは、貸金業法の改正などで体力が弱った消費者金融を傘下に置いたり、専門知識がある信販会社に審査を丸投げすることができるようになったためです。
つまり、銀行系カードローンとはいえ、その実態は消費者金融と全く同一なのです。実際に一番サービスがいいと言われるメガバンク系のカードローン商品を見てみると、その商品内容は大手消費者金融とほぼ同一です。ちなみにこの銀行系カードローンの審査は、傘下の消費者金融がしています。
銀行系カードローンの中には、最高利率が3%程度低い場合もありますが、借りる金額が少額であればあまり大きな差はでません。

カードレスなら来店不要

消費者金融のカードローンを嫌がる人の中には、消費者金融の無人機店舗等が雑居ビルの中にあることを挙げている人も少なくありません。大した話ではないように聞こえますが、実は大きな問題点です。カードレスなら来店不要
消費者金融のカードローンを利用する際、コンビニATMを利用すると手数料が必要になります。これを回避するためには店舗のATMを使うことになりますが、交通量の多い道路沿いにあったり、駅には近いものの薄暗い雑居ビルの中だったりします。
男性にはわからないかもしれませんが、女性からするとそのような場所には近づきたくないものです。消費者金融を嫌がり、多少の不便には目をつむって銀行系カードローンをあえて利用している女性が案外多い理由はこの点なのです。
しかし、最近消費者金融が進めつつあるカードレスキャッシングであれば、この問題を解決することができます。消費者金融の店舗に一度も行くことなく、有利にキャッシングも返済もできるのであれば大助かりです。
消費者金融の多くは、申込をスマホ経由ですることができます。契約後もカードレスキャッシングをすることで店舗に行く必要はありません。男性であってもコンビニATM手数料がいらないので、都合がいいはずです。

餅屋は餅屋

銀行系カードローンより消費者金融のカードローンをお勧めする理由は、消費者金融の方がカードローンと言う商品を良く知っているためです。確かに、銀行系カードローンより消費者金融の方が、契約当初の無利息期間があったりして有利に見えますが、消費者金融の方が有利なのはそれだけではありません。餅屋は餅屋
あまりあってはいけないことですが、カードローンを使いすぎて支払に困ることがないとは言えません。この場合、消費者金融のおまとめローンを使う事で返済を楽にすることが可能です。また、返済方法に困った際のアドバイスも銀行より的確です。
また、細かい点ですが、女性向けの専用ダイヤルや新しいサービスも銀行より消費者金融の方が先に手掛けていることが多いです。利用者のニーズを把握しているのは、消費者金融の方であり、餅屋は餅屋と言う諺がそのまま当てはまります。
銀行系カードローンの評判があまりにいいため、よく検討せずに銀行系カードローンを申し込む人が多いようです。しかし、その前に一度大手消費者金融のカードローンも検討することをお勧めします。

使ってみたい最先端のキャッシングサービス

無利息キャッシング

大手消費者金融の多くは、契約日から1か月ほどの間は無利息期間を設けています。しかし、中には1か月に一度ではありますが1週間の無利息期間を設定している消費者金融もあります。宣伝や口コミ記事で有名なので、ご存知の方も多いでしょう。無利息キャッシング
ただし、この1週間という期間は借りてから1週間なので注意が必要です。毎月1週間の無利息期間が無制限に設定されているわけではありません。つまり、残高を一度ゼロにしないと無利息期間を再度ゲットすることができないわけです。
やり方によっては非常に便利なキャッシングであり、人によっては本当に無利息キャッシングを実行している人もいます。給料日前に1週間程度お金が足らないと言う経験は誰にでもあるでしょう。そんな時に、この無利息キャッシングを使えば本当に無利息でお金を借りることができます。
ただし、キャッシングは別として、返済はこの消費者金融の系列ATMでしかできません。1週間以内に返済しないと利息が発生するので、そのATMが自分の通勤経路上などにあるかを確認する必要があります。また、利率が若干高めであることと、キャッシングをコンビニATMですると手数料が必要なことにも注意が必要です。

カードレス

消費者金融のキャッシングはカードローン形式が圧倒的に多いです。「カード」という言葉通り、ローンカードを利用したキャッシングサービスですが、最近はコンビニATMの手数料負担を回避したい人が増加している点と、いちいちコンビニに行くのも面倒だと言う人も少なくありません。カードレス
そのような人にとって画期的なサービスが、カードレスキャッシングです。文字通りローンカードを発行しないサービスで、キャッシングはスマホなどからの指示により自分名義の口座に振込んでくれます。
返済は、銀行引落もできますし繰上返済であれば消費者金融への口座へ振り込めばいいのです。同一銀行であれば振込手数料は割安のことが多いため、コンビニATMの手数料より有利なことが多いです。ネットバンク経由の振込であれば手数料がゼロであることも少なくありません。
このカードレスサービスは、消費者金融を利用していることを他人に内緒にしたい人にとっても便利です。なにしろ利用明細がいちいち郵送されることはありませんし、コンビニATMで誰かに会う事もありません。いつもの銀行で自分の預金を引き出すような顔をしてキャッシングをするようなものなのです。
完全にカードレスサービスを実施している金融機関の中には、カードを一切発行しない代わりに金利を若干低くしていることもあります。何かと便利なカードレスサービスですから、消費者金融選びの基準にするのもいいかもしれません。

WEB完結

一部の消費者金融では、電話連絡を一切しない申込を実現しています。スマホで申込をして、申込確認などの連絡もメールでやり取りするのです。そして、契約成立とともに自分の口座にキャッシング資金が振り込まれるのです。WEB完結
この際、ネックになるのは職場への在籍確認ですが、健康保険証などの確認で在籍確認を省略することが可能です。
在籍確認の目的は、会社で働いているかどうかを電話で確認することです。しかし、何かとトラブルの種になります。そのため、できれば回避したいのが本音でしょう。健康保険証を持っていれば、その会社で働いている正社員であることは間違いないと判断できるため、在籍確認を省略できるのです。
申込内容の確認などについては、通常電話でしているのですが、別に契約条件の提示と申込内容の確認だけですから、メールで送信しても問題はありません。意思表示さえしてくれればいいのです。
消費者金融から自分に対し、電話がかかってくることすら嫌だと言う人は多くないでしょうが、会社によっては就業時間中の使用電話を禁止しているケースも少なくありません。休憩時間にちょっとメール確認をするだけで解決する、WEB完結の方法による契約は、かなり人気が高いようです。

即日融資

即日融資は、大手消費者金融に限らず、銀行などでもごく普通に対応してくれるキャッシングの方法です。審査スピードが高速化したためできるようになった芸当ですが、現場サイドではずいぶん苦労が絶えないようです。即日融資
WEB完結のように、すべてメールで処理が進めば手間もかからずハイスピード処理ができるのですが、電話確認が必要になると相手がいる事なので思ったように手続が進みません。契約内容を説明すると、どうしてこんなに利率が高いのかと文句を言い出す人もいるようなので面倒です。
そもそも限られた人数で顧客対応をしているわけなので、申込が集中すると対処できないことも少なくありません。しかし、そんな中で午後3時までに確実に融資資金を振り込むために努力を重ねているわけです。
消費者金融の審査はコンピューター審査なので、審査だけであれば一瞬のうちに終わります。審査に欠かせない信用情報機関のデータも電子データだからです。社内の手続が対応できるようであれば、中小の消費者金融でも即日融資に対応しているのが現実です。

知らないうちに支払っているキャッシング手数料に注意

ATMを利用すると手数料がかかる

消費者金融や一部の銀行では、カードローンの利用をコンビニATMでできます。利便性が高いと言われる理由でもありますが、実は利用の都度、最低でも108円の手数料が必要です。この手数料は毎月の定額返済資金から差し引かれていますので、知らないうちに負担させられていることになります。ATMを利用すると手数料がかかる
カードローンの利率は高いので、できる限りこまめに借りたり、返済できる都度こまめに返済することを勧める記事が多いのですが、やりすぎるとキャッシング手数料が無視できない金額に膨れ上がります。
このようなキャッシング手数料は、大抵の消費者金融や銀行では利用者との折半になっています。自分が支払っている手数料と同額の手数料を消費者金融や銀行も支払っているのです。
そのため、このキャッシング手数料を回避しようとする場合には、消費者金融や銀行のATMを利用すればいいのです。ただし、銀行の場合は支店のATMでも時間外手数料を徴収している場合があるため注意が必要です。

知らないうちに支払っている手数料

このようにコンビニなどの手数料は自分が知らないうちに支払っていることになります。金額は1回あたり108円と高くありませんが、毎月の返済額が千円単位の事も少なくないため、肝心な元本が減らない原因になります。知らないうちに支払っている手数料
消費者金融のキャッシングを利用する際、利用金額は10万円程度の少額であることが多いでしょう。この際、毎月の返済額は金融機関によっては3千円程度です。毎月の返済でコンビニATMを利用し、キャッシングでも利用すれば216円です。更に早目に返済しようと繰上返済をすれば324円になります。毎月の返済額の1割程度が手数料に費やされるのです。
そのため、最初に消費者金融などと契約する際には、コンビニATMを利用しなくて済むように、自宅近くか、通勤経路上に、その消費者金融などの支店などがないかを確認することをお勧めします。また、毎月の返済方法をATMなどからの入金による方法を選択することも多いようですが、その都度手数料が必要になります。口座引落であればこのような手数料は必要なくなります。
手数料は1回108円が原則であり、金額が少額だから気にすることはないと思われがちですが、チリも積もればなんとやらと言います。少額だからと無視するのではなく、自分が負担させられているという感覚を持つことも必要です。

必要ない消費者金融や銀行を探してみよう

とはいえ、消費者金融や銀行の中には、コンビニATM手数料がいらない場合もあります。特に銀行の場合は、大手コンビニと提携して、コンビニ内のATM手数料を安くしてもらっているケースが多いです。ご存知の通りコンビニなどでも銀行経営をしていることがあります。このような場合、相互利用をしていると言う観点から、手数料をお互い無料にしていることが少なくないためです。必要ない消費者金融や銀行を探してみよう
このような消費者金融や銀行を探してみることで、手数料の負担を少なくすることができます。また、一定条件を満たせば手数料負担をゼロにしたり、手数料が不要なコンビニを設定していることもあります。とかく利用回数だけは多くなりますので、あらかじめ探しておいた方がいいでしょう。
このようにATM手数料が無料となっているのは、銀行が多いです。

カードレスキャッシング

手数料の問題はあるものの、コンビニATMはカードローン利用の利便性向上に非常に寄与しています。しかし、最近の消費者金融では、さらに進んだカードレスキャッシングを提供していることがあります。カードレスキャッシング
この場合、コンビニATMを使う事はないので手数料は不要です。更に振込キャッシングなのでわざわざATMへ行く必要もありません。自分の銀行口座に振込をしてくれるので、公共料金やクレジットカードの引落資金が足りない際には非常に便利です。
カードレスキャッシングを提供している消費者金融などは、コストがかからないため金利を安くしていることがあります。また、ネットバンクを利用することで手数料自体も少額です。消費者金融によっては、一定のネットバンクを利用することで手数料を一切取らないこともあるほどです。
ATMなどの手数料が必要ないと言う点もありますが、カードレスキャッシングは非常に利便性が高いです。キャッシングの利用は、実際に現金が必要だと言う場合もありますが、先に挙げたとおり引落資金が不足している場合もあります。
この場合、コンビニATMを利用すると、キャッシングした資金を再度自分の預金口座へ入金する必要があります。面倒なだけではなく、下手をするとキャッシング手数料と銀行のコンビニ利用手数料と2回手数料を負担することになります。
このような問題を解決することができるカードレスキャッシングは、非常に便利です。一部の消費者金融でしか提供していないサービスですが、探してみる価値は十分にあります。
また、銀行でも似たようなサービスを提供していることがあります。銀行系カードローンは、口座所有者の利用を前提としているため、口座間振替の形でキャッシングや返済をすることが可能なのです。銀行系カードローンの強みとも言えます。

一番有利なカードローンはこうして申込をする

銀行か消費者金融か

カードローンの申込をどこにしようかと迷っている人も多いようです。以前は消費者金融が全盛でしたが、最近は銀行カードローンの人気も多くなりました。銀行カードローンはタレントを投入した大宣伝で、スマートなイメージ作りに努めています。
消費者金融も同様にタレントなどを投入して宣伝に熱が入ります。銀行より若干分が悪い融資条件なので、これを挽回するために当初1か月間の無利息期間を設定することが大手では当然のようになっています。銀行か消費者金融か
とはいえ、一方的にどちらがいいとは言い難いのも事実です。金利だけを見ると銀行カードローンは有利なように見えますが、中小の銀行カードローンは大手消費者金融と変わりない高金利です。メガバンクのカードローン金利も低いようで、その差は3%程度に過ぎません。
住宅ローンのように高額の借入であればともかく、カードローンの借入額は10万円単位であり、3%程度の差では絶対的な金利額に差は生じにくいのです。しかし、消費者金融より利率が低いと言うイメージが付くと、そのイメージが独り歩きしてしまいます。
一部のメガバンクのカードローンが高人気であるおかげで、他の銀行カードローンのイメージが上がるのは悪くありませんが、イメージ倒れになってしまっている銀行も多いのが現実です。

職業だけでは決まらない

銀行のカードローンは、職業で信用が決まると言われています。しかし、このことは銀行に限ったことではなく、規模の大小を問わず消費者金融でも同じことが言えます。しかし、銀行カードローンでは職業が重視されると言うのは、ある意味当を得ています。職業だけでは決まらない
銀行はイメージ先行の部分があるとはいえ、カードローンを取扱金融機関では上位に位置しています。誰もが、銀行カードローンの方が有利だと信じているためです。そのため、銀行は顧客を選別することができます。メガバンク系のカードローンであればなおさらです。
そのため、大企業の正社員や公務員といった信用度が一番高い顧客層を優先して取り込むことができるのです。銀行カードローンは職業で優劣が決まると言うイメージを先行させれば、優良顧客だけを相手にすることができます。
しかし、銀行の審査基準には別の面があります。信用度は職業で決まるのは当然ですが、実際には取引期間が長い顧客も同様に信用度が高いのです。子供のころから取引を継続している顧客に対する銀行の信頼は厚いものがあります。
銀行に対する信用は、単に職業だけではなく、取引期間や履歴によっても決まります。

言う程よくない銀行カードローン

とはいえ、一部の銀行カードローンは別として、自分が取引している銀行カードローンの商品を大手消費者金融と比べてみると、案外見劣りすることがわかります。カードローンという貸付商品は、銀行にとって必ずしも歓迎する商品ではありません。言う程よくない銀行カードローン
銀行融資は、銀行員が借主の収入や資産をしつこいほど確認して、やっと貸してくれるものです。「晴れの日に傘を貸し、雨になると取り上げる」と言われますが、銀行の融資姿勢は正にその通りなのです。
そのような銀行が、「土砂降り」のような生活状況の顧客に自由に貸し借りできるローンを提供するのです。傘下に消費者金融を納めているようなメガバンクであればともかく、普通の銀行がこのようなローン商品をまともに売り出すはずがないのです。
実際に一部の銀行を除き、中小規模の銀行カードローンは使い勝手が悪いです。メガバンクや大手消費者金融が全国のコンビニATMを利用できるのに対し、中小銀行では自行のATMしか使えないことが多いです。あくまでも銀行のカードローンは顧客に対するサービスの一環としての位置づけなのです。

消費者金融にもランクがある

では消費者金融は「餅屋は餅屋」という事で、有利な商品を提供しているかというとそうとは言い切れません。大手と中小では商品内容が全然違います。また、大手間でも商品内容が異なり、日常の使い勝手の良さに力を注ぐ消費者金融もあれば、申込のしやすさやスピードを重視する消費者金融もあります。消費者金融にもランクがある
大手が有利だとも限らず、中小規模の消費者金融では無利息期間を拡大しているようなアイデア商品を提供しているケースもあります。しかし、一般的に大手の方が使い勝手がいいです。また、小規模の消費者金融では、自社ATMでしか取扱ができないカードローンを提供していることもあります。
このように消費者金融にもランクがあります。必ずしも大手がいいとは言い切れない面もありますが、サービスの充実度という観点からすれば大手消費者金融を選ぶことが一番無難だと言えます。
また、このようなランク付けは、自然と顧客の選別にもつながります。信用度が高く、初回借入の顧客は自然と大手消費者金融を選択します。信用度が低かったり、2軒目以降の借入であれば大手では不利になり、中小に流れます。
結果として、大手を頂点とするピラミツド構造の消費者金融カードローンランキングができあがるのです。お金を借りるのですから信用度が高い人ほどいい商品を選択することができるのです。

あなたにおススメのキャッシングはズバリこれ!

短期決戦ならクレカのキャッシング枠

キャッシングの種類には大別して、クレカのキャッシング枠と消費者金融などのカードローンがあります。宣伝が多いので、消費者金融のカードローンを無条件に選択している人も多いようですが、クレカのキャッシング枠も捨てたものではありません。短期決戦ならクレカのキャッシング枠
クレカのキャッシング枠を使った場合、返済が次回の支払日になりますので、短期に借りるのであれば、むしろこちらの方が向いています。カードローンの場合は、毎月の返済額が少ないので、クレカのリボ払い同様に支払期間が長期化しがちです。短期決戦ならクレカのキャッシング枠の方が早く完済できてすっきりします。
借りる金額が多いのであればカードローンの方がいいのですが、1万円とか2万円程度の借入であればクレカのキャッシング枠を使った方がベターです。また、クレカのキャッシング枠は利率が高いと言われがちですが、実際に比べてみると年利18%前後と大手消費者金融とほぼ変わらないレベルにあると言えます。
短期間で返済することを予定しているのであれば、クレカのキャッシング枠を利用することもお勧めです。

クレカなら申込が簡単

クレカのキャッシング枠は、新しく申込をするわけではありませんから、入り口が簡単と言う利点もあります。もちろん審査がないわけではありませんが、消費者金融の審査より若干甘めであることは間違いないようです。クレカなら申込が簡単
これは、クレカのキャッシング枠が通常最大でも50万円程度だからです。短期決戦で返済することができるであろう1万円単位の借入を前提にしているのであれば、限度枠は10万円もあれば十分でしょう。消費者金融で10万円の限度額で審査してもらうのであれば、信用が多少低くても、まず問題なく審査が通るラインです。
クレカのキャッシング枠の申込は、特に申請書類が必要なわけではありません。信販会社によっては、ネット上で全てできてしまう事もあるほどです。クレカを新規に申し込む際にキャッシング枠を設定しているのであれば、当然そのまま利用することができます。
クレカのキャッシング枠でも在籍確認がある場合があります。しかし、消費者金融のように「必須」というわけではないようで、最初に10万円程度の最低限度であるキャッシング枠を設定するのであれば、在籍確認がないままカードが発行されることも少なくないようです。

長くなるならカードローン

しかし、借入金額が10万円単位になるのであれば、消費者金融や銀行のカードローンを利用することになります。クレカでも最近はカードローン形式のキャッシングサービスを提供していますが、利率が高めであることやサービスが若干劣るためあまりお勧めできません。長くなるならカードローン
カードローンは、支払期間が長めになるので返済計画をしっかりと立てる必要があります。借りた金額の5%程度の返済額しか要求されないので、借りたことすら忘れてしまう事もあるほどです。しかし、借りた金額が大きいので繰上返済を併用して早期完済を目指した方がいいでしょう。
消費者金融や銀行のカードローンは、申込に若干ながら手間がかかります。とはいえ、申込はWEBでできますし、消費者金融によっては在籍確認も一切ないケースもあります。昔に比べると、審査がコンピューター化された恩恵で、審査もスピードアップされています。
すぐにお金を借りたいと言う人は、昔はクレカのキャッシング枠を使っていたようですが、最近は消費者金融に申し込む人の方が圧倒的に多いようです。新規に申込をしても、即日融資ができますし、最初の借入時には1か月終度の無利息キャンペーンがあることも少なくありません。
無利息キャンペーンは、消費者金融が始めたものですが、最近では一部のネットバンクでも1か月程度の無利息キャンペーンを実施しています。最初の1か月は無利息で借りることができると考えていいのではないでしょうか。

カードローンでも早期決着を

ゆっくり返済することができるカードローンですが、利率が高いのでできるだけ早期に返済した方がいいです。消費者金融や銀行のカードローンは、繰上返済が自由にできるので資金的な余裕が少しでもあればどんどんと返済した方がいいです。カードローンでも早期決着を
借りる時は1万円単位で借りることになりますが、返済は千円単位でできる事が多いようです。コンビニATMを自由に利用できますが、その都度108円程度の手数料がかかるため、手数料がかからない消費者金融や銀行のATMを使うのが鉄則です。
カードローンでも、このように早目に繰上返済をすることで早期決着を図るべきですが、早期決着をつけるのであれば、繰上返済をどこでするかを考える必要があります。手数料がいらない店舗のATMは設置場所がコンビニほど多くはありません。自分の通勤経路上にそのようなATMがあれば便利でしょう。
消費者金融や銀行のカードローンを選ぶ際は、このように繰上返済をすることまで考えて業者の選定をすることをお勧めします。借りる時も返済の時も、利用する消費者金融や銀行のATMを利用すれば手数料はかかりません。ちょっとでも負担を少なくするアイデアです。

あなたにお勧めのキャッシングはどこか?

銀行が向いている人

カードローンで一番有利な金融機関は銀行だと言われています。多分にイメージ先行の部分があると思われるのですが、確かにメガバンクのカードローンの中にはサービスも充実しており、金利も低い優良商品があります。
しかし、条件がいいことは顧客を選べることを意味しており、当然審査のハードルは高いです。とはいえ、一般的に言われるように大企業の正社員や公務員ばかりが銀行のカードローを使っているわけではありません。銀行が向いている人
銀行の審査は信用を重視していることは当然ですが、究極的には「安定した返済」をしてくれる人を重視しています。大企業の正社員であればこの条件を満たしていることは当然ですが、それだけではなく銀行との取引履歴も重視されています。
銀行との取引が長い人は、銀行にとって大切な顧客であるとともに信用も高いです。信用というものは、仕事や年収も大切ですが、長い間取引を継続していることも大切なのです。このことは、銀行に限らずどんな業界でも同じ事でしょう。
派遣やアルバイトの方であっても、銀行カードローンを比較的好条件で契約している人は、このような理由なのです。

消費者金融の方がいい人

では、派遣やアルバイトの方が銀行カードローンで審査を落とされるかといえば、決してそのようなことはありません。審査スコアは落とされるものの利用限度額が提示され、利用することは可能です。消費者金融の方がいい人
しかし、カードローンの利率は利用限度額で決まります。当然利用限度額が高ければ利率は低くて使い勝手もいいのです。最近の銀行カードローンは専業主婦の方でも利用できますが、利用限度額が低くてあまり条件は良くありません。
専業主婦の方は別として、ある程度の収入がある方であれば、無理に審査が厳しい銀行カードローンに申し込むよりは消費者金融の方が賢明な選択になるでしょう。多少利率は高いものの、サービス内容を子細に確認すると、どの銀行にでも振込キャッシングをしてくれたりするため、かえって銀行カードローンより使い勝手が良かったりします。
もちろん、派遣の仕事やアルバイトの方、面には自営業の方であっても融資を受ける事ができる懐の深さは魅力的です。最近は銀行カードローンの人気が高いのですが、しっかりと調べてみると消費者金融の方がサービス面でも自分に合っているという事が少なくありません。
消費者金融には、規模の大小で審査が変わります。大手で気にいらなければ中小にすればいいのです。

クレジットカードのキャッシング枠は気楽です

消費者金融の大宣伝の前に影が薄くなっているクレジットカードのキャッシング枠も、一般的に言われているほど不便なものではありません。確かに繰上返済ができなかったりする不便さはありますが、リボ払いを選択しない限り次の支払日に全額返済することになるため、残高が残らないのです。クレジットカードのキャッシング枠は気楽です
クレジットカードの申込は結構気楽にできますし、最近の信販会社はキャッシング枠を付けて欲しいと宣伝しているほどですから、審査も緩めです。金利が高いと言われていますが、キャッシング枠自体がせいぜい50万であることを考えると、大手消費者金融と利率面で遜色はないと言えます。
100万単位の限度額が欲しいと言うのであれば別ですが、10万か20万程度の「緊急用」という位置づけでキャッシングを考えているのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を使う事も選択肢として捨てがたいものがあります。
しかし注意点として、キャッシング枠を設定している場合、将来改めてカードローンを申し込む場合はキャッシング枠をすべて解約する必要があります。キャッシング枠は、無担保融資であるカードローンの与信枠の設定に影響を及ぼすためです。総量規制がある消費者金融だけではなく、銀行カードローンでも同じことが言えます。

銀行ばかりが能ではない

このように、銀行カードローンばかりが優良なカードローンではありません。メガバンクのカードローンも必ずしも使い勝手がいいわけではなく、内容を見ていくと大手消費者金融より見劣りする場合があります。銀行ばかりが能ではない
銀行ごとに経営方針に差がありますし、営業上の体力もあります。必ずしも個人営業ばかりに力を入れることができる銀行ばかりではありません。個人部門に力を入れていない銀行のカードローンは、大手消費者金融と比較するとサービスは見劣りしますし、金利面のアドバンテージもありません。
銀行カードローンは、一部のメガバンクなどが力を入れていますが、他の銀行はあまり力を入れていないのが実情です。個人部門を重視している銀行であれば別ですが、自分の取引している銀行がカードローンに力を入れていなけれれば、あえて銀行カードローンを申し込む理由はどこにもないのです。
銀行カードローンを信仰しているような人も見受けられますが、必ずしも銀行カードローンを選択することばかりが能ではないことを知っていただければと思います。銀行に限らず、自分にとって一番使い勝手がよく、かつ繰上返済がしやすい金融機関がベストのカードローンなのです。