カテゴリー別アーカイブ: 職業別

家族にバレたくなければ、銀行系カードローンがおススメ

普通預金とコンビになっているためバレない

カードローンなどでキャッシングをすると、郵送物などが届くことで家族にバレることがありますが、それ以外にも何かの拍子に消費者金融のローンカードなどが見つかってしまってもバレます。利用していないと言い張っても、家族は必要以上に心配することになり、親などからは「すぐに解約しろ」とうるさく言われることも少なくありません。普通預金とコンビになっているためバレない
こんなことで家庭内のトラブルを引き起こしても意味がありません。しかし、銀行カードローンなら比較的このような問題が起きないことが多いです。すべての銀行で同じことが言えるわけではありませんが、ネット銀行を中心にしてキャッシュカード自体を普通預金とカードローンとコンビ形式のカードにしていることが多いためです。
カードローン契約をしているかどうかはキャッシュカードだけではわかりません。また、銀行の場合は消費者金融ほど利用についてうるさい規定がありません。また、銀行ATMでキャッシングをしても全く周囲からは不審に思われることはありません。
ネットバンクの入出金は、コンビニATMで行うしかありません。コンビニATMで操作をしていると、たまに「消費者金融の利用ではないか」と思われることがあるようです。万が一そんなことで家族などから問い詰められても、「ネット銀行だから仕方ない」と言い張ることが可能です。
コンビカードになっている銀行カードローンならバレる可能性は最小限です。

銀行からの郵便物なら不審がられない

銀行によっては、カードローンの利用の都度郵送物を送って来たりすることがあります。しかし、消費者金融の郵便物ならともかく、銀行の郵便物なら不審がられることは少ないはずです。しかも、中がわからないように封がしてあるハガキの形式をとっていますから心配無用です。銀行からの郵便物なら不審がられない
これは、最初に銀行からローンカードが送られる場合であっても同様であり、消費者金融からの書留であればひと騒ぎ起きるかもしれませんが、自分たちが利用している銀行であれば疑いをもたれることはほとんどないはずです。
消費者金融の場合、カードローン利用がバレる最大の原因は郵便物の存在ですが、銀行の場合はそのようなことがありません。人によっては銀行でカードローンを取り扱っている事すら知らない人もいます。
銀行系カードローンなら家族にバレにくいと言われる理由は、このような点なのです。

銀行の無人契約機

最近は銀行系カードローンでも無人機で契約ができるようになりました。電話などでも申込ができるのですが、基本的に銀行のカードローンは口座を作らないと契約できません。既に口座があればいいのですが、評判がいいメガバンクのカードローンを新しく利用したいのであれば審査上も有利なので、口座開設をお勧めします。銀行の無人契約機
その際、銀行の無人契約機で申込をするとずいぶんと便利です。口座開設をする際には印鑑と身分証明書を持って行く必要がありますが、同時にカードローンの申込ができる場合もあります。ネットバンクであればもっと話は簡単で、開設時にカードローンの申込の有無をチェックする欄があることもあります。
また、特に多額の限度額が必要でなければ、多くの銀行が普通預金に当座貸越のような形でカードローンを付けてくれることがあります。限度額は10万から30万円程度と少ないのですが、ちょっとしたお小遣いの前取りと考えるのであれば、これで十分かもしれません。
しかし、この手のローンは金利が高いのが欠点です。融資限度額が少ないので利率が高くなるのです。とはいえ、多くの場合ローンカードを新たに発行することはないため、コンビカードの形式になり家族にバレにくい利点はあります。金利が高い点も、利用額が少なくて早期に返済するのであれば、大きな問題ではありません。

銀行と消費者金融ではイメージが違う

銀行と消費者金融は、同じカードローンという商品を取り扱っていたとしても、そのイメージに大きな違いがあります。銀行系カードローンは、銀行のローンだからしっかり審査をしているから安心して利用できると考えている人も多いようです。銀行と消費者金融ではイメージが違う
万が一カードローンを利用していることがバレたとしても、消費者金融と銀行では、家族の方の受け止め方が全然違います。
現実は、銀行系カードローンの審査を消費者金融や信販会社がしており、その内容は全く相違がないのです。しかし、年配者の方を中心にして、そのような実態を知らない人が結構多いのです。
銀行のカードローンの場合、多くの方は定期預金を担保にした当座貸越の延長上程度のイメージしかないです。そのため「使いすぎないように気を付けろ」と言われるだけのことも少なくないようです。これが消費者金融になると、いきなり家族中で心配の種となり、すぐに解約しろと毎日のように言われることになります。両者は全く同じ商品という事に誰も気がついていないのです。
このように、銀行と消費者金融では、受け取られるイメージが大きく違います。実際にバレる原因も少ないことから、家族に内緒でキャッシングをしようとする場合は、銀行系カードローンが一番の選択だと言えます。

あなたにお勧めのキャッシングはどこか?

銀行が向いている人

カードローンで一番有利な金融機関は銀行だと言われています。多分にイメージ先行の部分があると思われるのですが、確かにメガバンクのカードローンの中にはサービスも充実しており、金利も低い優良商品があります。
しかし、条件がいいことは顧客を選べることを意味しており、当然審査のハードルは高いです。とはいえ、一般的に言われるように大企業の正社員や公務員ばかりが銀行のカードローを使っているわけではありません。銀行が向いている人
銀行の審査は信用を重視していることは当然ですが、究極的には「安定した返済」をしてくれる人を重視しています。大企業の正社員であればこの条件を満たしていることは当然ですが、それだけではなく銀行との取引履歴も重視されています。
銀行との取引が長い人は、銀行にとって大切な顧客であるとともに信用も高いです。信用というものは、仕事や年収も大切ですが、長い間取引を継続していることも大切なのです。このことは、銀行に限らずどんな業界でも同じ事でしょう。
派遣やアルバイトの方であっても、銀行カードローンを比較的好条件で契約している人は、このような理由なのです。

消費者金融の方がいい人

では、派遣やアルバイトの方が銀行カードローンで審査を落とされるかといえば、決してそのようなことはありません。審査スコアは落とされるものの利用限度額が提示され、利用することは可能です。消費者金融の方がいい人
しかし、カードローンの利率は利用限度額で決まります。当然利用限度額が高ければ利率は低くて使い勝手もいいのです。最近の銀行カードローンは専業主婦の方でも利用できますが、利用限度額が低くてあまり条件は良くありません。
専業主婦の方は別として、ある程度の収入がある方であれば、無理に審査が厳しい銀行カードローンに申し込むよりは消費者金融の方が賢明な選択になるでしょう。多少利率は高いものの、サービス内容を子細に確認すると、どの銀行にでも振込キャッシングをしてくれたりするため、かえって銀行カードローンより使い勝手が良かったりします。
もちろん、派遣の仕事やアルバイトの方、面には自営業の方であっても融資を受ける事ができる懐の深さは魅力的です。最近は銀行カードローンの人気が高いのですが、しっかりと調べてみると消費者金融の方がサービス面でも自分に合っているという事が少なくありません。
消費者金融には、規模の大小で審査が変わります。大手で気にいらなければ中小にすればいいのです。

クレジットカードのキャッシング枠は気楽です

消費者金融の大宣伝の前に影が薄くなっているクレジットカードのキャッシング枠も、一般的に言われているほど不便なものではありません。確かに繰上返済ができなかったりする不便さはありますが、リボ払いを選択しない限り次の支払日に全額返済することになるため、残高が残らないのです。クレジットカードのキャッシング枠は気楽です
クレジットカードの申込は結構気楽にできますし、最近の信販会社はキャッシング枠を付けて欲しいと宣伝しているほどですから、審査も緩めです。金利が高いと言われていますが、キャッシング枠自体がせいぜい50万であることを考えると、大手消費者金融と利率面で遜色はないと言えます。
100万単位の限度額が欲しいと言うのであれば別ですが、10万か20万程度の「緊急用」という位置づけでキャッシングを考えているのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を使う事も選択肢として捨てがたいものがあります。
しかし注意点として、キャッシング枠を設定している場合、将来改めてカードローンを申し込む場合はキャッシング枠をすべて解約する必要があります。キャッシング枠は、無担保融資であるカードローンの与信枠の設定に影響を及ぼすためです。総量規制がある消費者金融だけではなく、銀行カードローンでも同じことが言えます。

銀行ばかりが能ではない

このように、銀行カードローンばかりが優良なカードローンではありません。メガバンクのカードローンも必ずしも使い勝手がいいわけではなく、内容を見ていくと大手消費者金融より見劣りする場合があります。銀行ばかりが能ではない
銀行ごとに経営方針に差がありますし、営業上の体力もあります。必ずしも個人営業ばかりに力を入れることができる銀行ばかりではありません。個人部門に力を入れていない銀行のカードローンは、大手消費者金融と比較するとサービスは見劣りしますし、金利面のアドバンテージもありません。
銀行カードローンは、一部のメガバンクなどが力を入れていますが、他の銀行はあまり力を入れていないのが実情です。個人部門を重視している銀行であれば別ですが、自分の取引している銀行がカードローンに力を入れていなけれれば、あえて銀行カードローンを申し込む理由はどこにもないのです。
銀行カードローンを信仰しているような人も見受けられますが、必ずしも銀行カードローンを選択することばかりが能ではないことを知っていただければと思います。銀行に限らず、自分にとって一番使い勝手がよく、かつ繰上返済がしやすい金融機関がベストのカードローンなのです。

有利で便利なキャッシングにするためのポイント

銀行か消費者金融か

金融機関でカードローンなどを申し込み、キャッシングをする際に利息の支払は避けられません。しかし、この金利は大手消費者金融の場合18%程度のため支払額はどうしても多くなります。銀行であれば多少下がるとはいえ、15%弱が最低ラインです。
3%の差をどう考えるかは人によりますが、融資限度額が高ければ金利が下がることと、消費者金融の方が銀行に比べてサービスに自由度が高いため、一概に銀行に軍配が上がるわけではありません。金融機関の選定
銀行のカードローンは、一見優れているように見えます。支店が多いし、銀行によってはコンビニATMの手数料も無料です。しかし、銀行は預金者のためにカードローンを提供している面があるため、預金者以外の顧客は不利な立場になります。
銀行も即日融資をしてくれますが、消費者金融と違って、振込銀行は自行や提携銀行に限定されます。消費者金融のようにどの銀行に対しても振込をしてくれるわけではありません。
銀行との付き合いを増やすことは、将来の自分自身のために有利であることは間違いありません。取引量より取引履歴を優先する銀行は、長い間取引を続けている顧客を優先します。借りる金額は少なくても、必要な時に銀行カードローンを使う事は悪いことではありません。
しかし、多くの銀行はカードローンの営業に積極的ではなく、商品内容を確認すると大手消費者金融とは比較にならない低サービスであることが少なくありません。無理にそのような銀行カードローンを使う必要はありません。

自分の信用を冷静に判断しよう

銀行カードローンは一般的に敷居が高いと言われています。銀行の審査は消費者金融に比べて、貸金回収を非常に重視します。そのため、収入が安定していないアルバイトや派遣の方、更には自営業の方には審査結果が厳しいものとなります。判断は金融会社による
自分の信用があまり高くないと分かっていれば、わざわざ銀行のカードローンを申し込む必要はありません。大手消費者金融と銀行と両方申込をしてみて、消費者金融の融資限度額が高い例はいくらでもあります。
ご存じのとおり、ローンの金利は融資金額が高い方が低くなります。消費者金融で借りた方が低金利で使いやすいカードローンになる確率が高い人が少なからず存在するわけです。
カードローンのブログ記事などを見ると、銀行カードローンにこだわりを見せている人が少なくないようですが、銀行カードローンで消費者金融に対抗できるサービスを提供しているのは、個人向け業務を重視している2行か3行程度です。
自分にとって一番有利な金融機関は、融資限度額を大きく設定してくれる金融機関です。職業によって有利な金融機関は変わります。

増枠を目指そう

カードローンは一度決めたら変えてはいけません。もし、契約して使い始めた後に使いにくいと思ったら、一度増枠申請をすることをお勧めします。それだけで使いやすさが変わるはずです。
それでも使いにくいと思うのであれば、それはサービスが自分のニーズに合っていないことを意味しますから変えた方がいいでしょう。しかし、変える前にはカードローンの残高をゼロにして、解約してから変更する必要があります。無利息期間に惑わされない
もし、カードローンの残高が残っていると、2つ目の金融機関で設定できる融資限度額は当然少なくなります。これは総量規制だけが原因ではなく、総量規制の影響を受けない銀行でも同じです。融資限度額は、その人の収入や家計支出から逆算して決定するものですが、他に借入やカードローンがあれば、その分だけ返済余力は少なくなります。
カードローンの残高をゼロになってから、別の消費者金融に申込をするのですが、できればその際に無人機店舗などで「前に使っていた消費者金融が使いにくかったから変えたい」と言うといいでしょう。コロコロとカードローンの金融機関を変える顧客は、多少なりとも警戒されるためです。

必要のないものは申し込まない

最近はクレジットカードのキャッシング枠を少しでも多く申し込んでもらおうと、信販会社がキャンペーンをしている例が多くあります。しかし、クレジットカードのキャッシング枠を利用することはあまりお勧めできません。信用情報を気にしよう
多くのキャッシング枠は、利用すると次回の支払日に一括返済することになるため、返済が後に繰り延べられない利点はあります。しかし、リボ払いにすることが簡単にできるため、結局ズルズルと引き延ばされてしまうのです。
そのため、一気に返済するのであれば、カードローンでキャッシングをして繰上返済をすることをお勧めします。クレジットカードの場合は、この繰上返済ができないのです。
また、クレジットカードの申込枚数も限定することをお勧めします。近くのスーパーやショッピングセンターで申込をしたクレジットカードは多くあるでしょうが、1年間に一度も使っていないものは解約した方が賢明です。
カードローンの審査とクレジットカードの審査は別物だと考えている人もいるようですが、カードローンの増枠申請ではクレジットカードの枚数は審査に響きます。クレジットカードには必ずリボ払いの枠もありますが、このリボ払いの枠が邪魔をするためです。
必要のないクレジットカードも含めて、必要のないものは申し込まないことと、使わないものは解約することが大切です。

どんなキャッシング業者がお勧めか?

 

<<銀行カードローンの良し悪し>>
最近は銀行がカードローンを活発に宣伝しています。大手銀行の中には、専業主婦をターゲットにしているとしか思えない宣伝をしていることがあります。このような宣伝を見ていると、銀行のカードローンも結構敷居が低くなったものだと思いますが、旦那さんの信用力をあてにして融資をしているだけです。
とはいえ、現在の銀行カードローンの審査は、銀行自体がしているわけではなく、傘下の消費者金融がしていたり、信販会社に外注に出していたりします。もちろん、審査基準が消費者金融と同一というわけではないので注意が必要ですが、職業だけを見て門前払いという事はありません。
しかし、銀行と消費者金融では、審査基準に差があることは間違いありません。門前払いにはしませんが、一般的に審査上で不利になると言われている派遣の仕事をしている人や準社員と呼ばれるアルバイトの方々は、審査スコアと呼ばれる「成績」が正社員の方に比べると低くなりがちです。消費者金融では、この差が比較的少ないと言われていますが、銀行カードローンでは開きが大きいようです。
銀行カードローンは、銀行自体のイメージアッップもあり、商品性が優れているように見えますが、実際には消費者金融と変わりありません。ただし、金利水準は消費者金融より低くしていたり、コンビニATM利用手数料が無料だったりすることがあります。銀行カードローンの有利不利は人によって違いますが、多くの人にとっては銀行カードローンの方が有利であることが多いようです。

銀行カードローンの良し悪し

<<消費者金融が悪いわけではない>>
とはいえ、消費者金融のカードローンのサービスが悪いわけではありません。銀行のカードローンは、預金口座を持っている人に対するサービスの一環として行っていることもあり、口座がない人には使いにくくなっていることが少なくありません。最近の消費者金融のサービスの目玉に即日融資と振込融資がありますが、銀行の場合これらのサービスをしていたとしても、自行以外の銀行に振込をしてくれることはありません。
消費者金融は、銀行系列であっても、別の銀行に対して振込融資をしてくれます。また、消費者金融によっては、ネットバンキングを利用することで、繰上返済をすることができますが、銀行のカードローンでは、自行口座からの返済は別として、このようなサービスはありません。
また、大手消費者金融では無利息キャンペーンを展開していることが多いのですが、銀行にはこのようなサービスはありません。最初の1か月とか限定された期間だけですが、何らかの事情で1回だけ消費者金融にお世話になるというのであれば、このサービスは効果が大きいはずです。消費者金融によっては、1度だけではなく、定期的にこのような無利息期間を設定していることがあります。
また、大手消費者金融に限定されますが、無人機店舗が多いため、最初の申込の際にカード受取を夜遅くにできる点も見逃せません。一部の銀行では同様のサービスを開始していますが、消費者金融ほどではありません。
サービス内容を比較して、銀行か消費者金融のどちらで申込をするか決めるといいでしょう。

消費者金融が悪いわけではない

<<相見積もりの勧め>>
ちょっと面倒なので万人にお勧めできませんが、中堅企業と言われる企業の正社員の方は、銀行と消費者金融とどちらが有利に借りることができるかわからないことが多いです。この場合、自分が給与振込をしている銀行で条件がよさそうなカードローンを提供しているのであれば、一度申込だけしてみるといいでしょう。仮審査の結果を聞いて「ちょっと考えなおしてみます」と断っても問題はありません。
そして、次に大手消費者金融の中で、条件のいいところに同様に申込をするのです。両者を比較することで、融資限度額や金利の差がわかるはずです。3つ4つと比較する必要はありませんが、銀行と消費者金融は比較する価値があります。

相見積もりの勧め

<<2軒目は厳しい>>
最初に申し込んだカードローンの限度額がいっぱいになり、次の消費者金融を申し込もうとする場合は、審査が厳しくなります。最初にカードローンを申込んだ際には、30分ほどで審査結果が出るため、びっくりされる方もいらっしゃるでしょうが、2軒目はそのようにはいかないことが多いです。
1軒目の消費者金融で少額の限度額を設定しているのであれば、2軒目の申込をするよりも増枠申請をした方がいいのですが、一般的に審査上で不利になると言われている派遣の仕事をしている人や準社員と呼ばれるアルバイトの方々は、増枠申請が通らないことが少なからずあります。
この際、2軒目の消費者金融を探す必要がありますが、大手では審査が通らないことが多いため、中小の消費者金融を頼った方がいいでしょう。それでも、審査が厳しめの消費者金融では審査が通らないこともあり、2つ3つとハシゴしてやっと貸してくれるところが見つかるという例も少なくありません。
気を付けるべきことは、いくつもの消費者金融に断られると、ついついヤミ金に手を出してしまうことがある点です。ヤミ金から借りるつもりはなくても、借りることができる消費者金融を探しているうちに審査が甘いような宣伝文句に釣られてヤミ金に吸い込まれてしまうことが少なくありません。

2軒目は厳しい