カテゴリー別アーカイブ: キャッシングの基本

ハイスピードキャッシングはみんなをハッピーにする

すぐに終わるキャッシング審査

大手に限らず、中規模の消費者金融も即日審査や即日融資をセールストークにしています。即日審査はともかく、即日融資は本当にできるのかと疑問に持つ人もいるでしょうが、条件さえ整えば実現します。すぐに終わるキャッシング審査
その秘訣はスピード審査です。現在の消費者金融の審査はコンピューター審査ですから、すぐに終わってしまうのです。ほとんどの方は、審査担当者の目を通ることなく審査が終わります。もちろん、落とされる人はほんの一握りで、ほとんどの方に対して融資限度額と利率の通知がされます。
1時間もしないうちに連絡が来るので驚かれることでしょうが、これでも余裕を持って審査をしていると考えて間違いありません。本来なら、1分程度で審査結果など出力されるのです。それを間違いがないか再度チェックしてから、仮審査終了として連絡をしているのです。
こんな審査でいいのかと思われがちですが、消費者金融の審査プログラムを甘く見てはいけません。統計データの塊と今までの経験がぎっしり詰まった審査マニュアルがプログラム化されているのです。
消費者金融の審査精度はかなり正確で、申込内容から、その人が毎月どの程度返済できるかがわかるのです。もちろん、申込内容だけではなく、信用情報機関のデータから、クレカの利用状況がわかるので、その人の現金収支が予測できてしまうのです。

自分も相手もメリットはある

このようにして、自分の知らないうちに自分のお財布の中がどうなっているかが、消費者金融に判るのです。ちょっと気味が悪い話ですが、このような判断ができるからこそ、消費者金融は、こんなハイスピードで融資の診断ができるのです。自分も相手もメリットはある
ハイスピードで審査が終わり、申し込んだ日のうちにお金を借りることができたり、自分の口座に振り込んでもらうことができるのは大きな魅力です。しかし、同時に消費者金融側にも手間がかからないというメリッットがあります。
コンピュータープログラムを作成するのは、手間もかかるしコストもかかります。かなりの規模のプログラムになるので、コンピューター自体大型のシステムが必要です。しかし多くの申込を受け入れることができれば、一件当たりのコストはどんどんと安くなります。
最近は、消費者金融が銀行傘下に入り銀行系カードローンの審査をしています。又は、提携している信販会社などに審査を依頼していることもあります。銀行は審査スピードが速くなり、顧客も喜びます。そして、システム開発費などを回収できる信販会社なども喜んでいるのです。
コンピューター審査は、利用者だけではなく金融機関にとっても大きなメリットがあるのです。

審査マニュアルの高性能化が利便性をあげる

このように、審査マニュアルの精度が上がってきたのは、データの精度が上がったことも一因です。申込者のクレカの利用状況を全てデータとして取り込み、そのデータを解析することで毎月の支出がわかるのです。審査マニュアルの高性能化が利便性をあげる
また、収入証明書の提出を省略したとしても、年齢と職業で収入の見込額は予測できます。いろいろな統計資料を取り寄せて、データを作り上げるのは大変ですが、少しでも新しいデータを取り込んでいくことで審査の精度を上げていくことができるのです。
そして、データだけではなく審査マニュアル自体の性能も上がっています。大手消費者金融であれば、自社顧客の中でどのような人が任意整理や自己破産などの債務整理に追い込まれたかをデータベース化しています。大手なので事例的にも多いはずです。
これらの情報を審査マニュアルに反映させることで「危ない人」を把握することが可能です。もちろん、このような審査をすることで「危ない傾向にある」申込者が、排除されたり、融資限度額が削られる欠点はあります。しかし、大量の申込を効率的に処理するためには、仕方ないのです。

在籍確認も電話連絡もないキャッシングはこうして実現する

一部の消費者金融では、WEBだけで電話確認を一切しない消費者金融があります。ちょっと信じられないのですが、在籍確認を省略すればいいだけなので、その工夫ができれば問題ありません。在籍確認も電話連絡もないキャッシングはこうして実現する
まず、本人確認書類や収入証明書の提出は必須です。別に、これらの書類を提出すること自体が問題になる人はいないでしょう。これに加えて、健康保険証と直近1か月の給与明細の提示も求めます。こうすることで在籍確認を省略することができるのです。
また、同時に提携している銀行に口座を持っていることも必要です。給与振込をしていることを要求していないことから、在籍確認の代わりにするというよりは、カードレスキャッシングをさせるために、融資資金振込口座を設定させていると考えた方がいいでしょう。
こうすることで、本当にメールだけで審査が通り、融資をしてもらうことができます。しかもカードレスキャッシングですから使い勝手もよくて言う事なしです。
このようなキャッシングサービスが実現するのは、審査マニュアルが確実であるためです。消費者金融が自社のマニュアルに自信を持てなければ、こんな思い切ったサービスは提供できないのです。

キャッシング審査で信用を得るための秘訣

信用は日ごろの心がけから

キャッシング審査で有利な審査結果を得られれば、融資限度額も高くなりますし利率も低くなります。使いやすいカードローンをゲットすることができます。そのためには、消費者金融から信用を得る必要がありますが、あまり難しいことを考える必要はありません。信用は日ごろの心がけから
一番大切な事は、利用代金の請求があったら遅れることなく支払う事であり、カードローンであればできるだけ繰上返済をして早期に返済することです。これらの実績は、個人信用情報機関のデータに蓄積されて、自分の信用度アップにつながります。
日本では開示されることはありませんが、アメリカではクレジットスコアが開示され、一定以下の数字の方のことを「サブプライム」といっています。一時期サブプライムローンという名前がニュースで出ていたと思いますが、この事です。ちょっと信用が低い人に対して高めの利率で貸したローンが次々と貸倒になったという話です。
この「サブプライム」にならないようにすることが、キャッシング審査でいい結果を得る秘訣になります。日ごろの心がけで信用は積み上げるものだというわけです。

利用しなければ信用は作れない

信用の作り方は、難しいものではないのですが、時間がかかります。一朝一夕で作ることができるわけではなく、長年の積み重ねで出来上がるものです。利用しなければ信用は作れない
クレカもキャッシングも、利用して支払があることで信用を作っていきます。申込だけして利用しなければ、支払実績は出てこないので信用度の判定はできません。キャッシングは必要なければする必要はありませんが、クレカの利用シーンは多くありますから、積極的に使いたいものです。
コンビニでも電子マネーが使えるので、スマホなどにデータを入れておけば、いちいちクレカを出す必要はありません。定期券に組み込まれていることも多いでしょうから、コンビニで現金支払いをする必要性は高くないでしょう。
このように、クレカを日常的に利用して、かつ支払をしていれば自然と信用ができますが、リボ払いを利用してはいけません。後々支払で問題が出やすいという点もありますが、信用情報機関のデータにもリボ払いの残高は表示されてしまうのです。
現実にどうであるかは別にして、リボ払いをしていることは「ローンを支払っている」と判断されます。リボ払いをする人は、毎月の支払原資が少ないことが多いですし、ちょっとした支払もリボ払いにする「リボ専用カード」を利用している人は、資金管理がルーズであると評価されることがあります。
実際にリボ払いが多い人は、支払不能に陥る可能性が高いため、消費者金融は結構気にしているのです。

「無事故期間」が長ければ信用力アップ

信用は長年の積み重ねなのですが、その積み重ねの結果として、信用情報機関には「無事故」のデータも蓄積されます。「無事故期間」が長ければ信用力アップ
運転免許証のゴールド免許と同様に、消費者金融も無事故期間が長い人は、ほぼ無条件で審査が通ります。コンピューター審査が全盛ですが、もともとは審査の労力を減らそうというのが主目的です。
問題がない人を見抜いて、審査を早期に終わらせて機械的に融資限度額を設定しようとするわけです。この「問題のない人」とは、無事故期間が長い人なのです。消費者金融を頻繁に利用している人は、かえって危ないと怪しまれますが、クレカの利用が多く、かつ支払に問題がなければ「優良顧客」だと判断されます。
消費者金融の申込で、在籍確認の有無が問題になります。最初から在籍確認を省略する方法の申込がある消費者金融もありますが、それはレアケースです。
しかし、健康保険証を提示するから在籍確認を省略してほしいと頼み、それが受け入れられるかどうかは「優良顧客」であるかどうかが決め手になることが多いのです。

銀行キャッシングは口座開設が必須

銀行系キャッシングの人気が高いようです。人気先行の部分があるため、ちょっと注意が必要ではないかと思われますが、銀行によっては大手消費者金融より有利な借入ができます。銀行キャッシングは口座開設が必須
しかし、銀行系カードローンは口座を持っている人に対するローンなので、口座開設をしないと契約できないのが基本です。もちろん、口座がなくても契約できる銀行系カードローンがあり、消費者金融と全く同じ形態のカードローンになっていることもあります。
しかし、そのような銀行系カードローンであっっても、口座開設をすることで審査は有利になります。このような銀行の中には、口座の有無で契約条件を変えていることもあり、当然口座がある人の方が融資限度額も利率も有利に設定されています。
口座開設が不要なように見えても、実際には口座がないと敬遠されるのが銀行系カードローンです。二枚舌だと言われそうですが、これが現実なのです。
また、銀行系カードローンの審査を有利にするためには、口座を持つことは当然として、ここに給与が振り込まれていると審査スコアがかなりアップします。総量規制がない銀行系カードローンなので、ちょっとしたことで融資限度額が急増します。覚えておいて損はしないポイントです。

キャッシング審査をむやみに怖がる必要はありません

正直に申込をすること

消費者金融のキャッシングには審査があるのは仕方ないとして、その対応をどうしようかと悩んでいる人もいるでしょう。しかし、難しいことを考える必要はありません。ポイントをあげるとすれば、申込書を正直に記入することくらいです。正直に申込をすること
最近は、申込に当たって収入証明書を付けなくてもいいことが多くなったため、申込書の収入金額を多めに記入する人が多いようです。消費者金融もそのあたりは承知しているので、別にいいのですが、あまりに多すぎる金額を記入してしまうと信用を無くします。
消費者金融側も、統計上のデータを持っているので、年齢と職業から大体の収入金額を把握することが可能です。あまりにかけ離れた数字が記載されていると、審査担当者から直接電話が入り確認がされます。
現在の消費者金融の審査はほとんどコンピューター化されていますから、簡単に審査が終わることがほとんどです。しかし、何かの事情で審査担当者が審査をする羽目になると、なかなか終わりません。
即日審査とか即日融資とか言われていますが、ともに何も問題がない人の場合であり、申込書に問題があると、そのようなことができないことは覚えておいた方がいいでしょう。

収入証明書は絶対提出

収入証明書がいらないといって、提出してはいけないことはありません。できるだけ提出した方がいいことに間違いありません。提出することで審査が有利になることは間違いないのです。収入証明書は絶対提出
収入証明書の提出がないことが普通になっているので、消費者金融側は申込書の収入金額は少し水増しされていると考えているようです。しかし、これでは正直に記入している人が迷惑を被ります
収入証明書を提出することで、そのような問題点を解消することができます。将来増枠申請をしようとするのなら、収入証明書の提出は必須です。どちらにせよ提出しなければいけないのですから、最初から提出しておいた方がいいのです。
収入証明書を提出することで、消費者金融が信用を付けてくれることも見逃せません。ほとんどの人が出していないのに、出しているという事は正直な人だと思われるのです。コンピューター審査全盛ですが、正直に収入証明書を提出していれば、確実な審査ができるので融資限度額も目一杯つけることが可能になります。
収入証明書の提出は必須と考えた方がいいでしょう。

他の借金は清算する

消費者金融の審査の方法は、まずその人の信用や収入から、いくら貸すことができるかを算定します。これを与信枠と言います。しかし、他の消費者金融などで借入をしていたらその全額を融資限度額とすることはできません。他の借金は清算する
消費者金融では総量規制と言われる融資制限があります。年収の3分の1までしか貸すことができないのですが、この金額には他の金融機関から借りている無担保融資の金額が含まれます。
つまり、他の借入があると審査が不利になるのです。ちょっと考えていただければわかることですが、案外見落とされがちなポイントです。また、クレカなどについているキャッシング枠は、付いていることを忘れていることも少なくないので、融資限度額を抑えてしまう要因になります。
消費者金融のカードローンは、融資枠で金利が決まります。当然融資枠が大きいほど利率が下がるので、他の借金が残っているために融資限度額が少なくなるのは非常に勿体ない話です。
もし、他のカードローンに残高がある場合は、申し込もうとするカードローンの審査が通ったら完済してしまいましょう。すると、与信枠により近い金額で融資限度額を決めてもらうことが可能になります。
増枠申請をすることになりますが、1回か2回程度、利用して繰上返済するという事を繰り返せば、信用もできるので融資限度額も上がりやすいでしょう。

クレカはできるだけ解約しよう

消費者金融の審査ではクレカの枚数や利用状況もチェックされます。リボ払いの残高が多い人は問題外ですが、申込時の利用金額が多い方はちょっと警戒されます。また、クレカの枚数が多い方も同様に警戒されます。クレカはできるだけ解約しよう
クレカの枚数をどのように判断するかは、消費者金融によって対応が分かれているようです。ただし、クレカの枚数が多いことは「いざとなったら使える」ことを意味するため、クレカの一括払いの限度額と自分の年収を比較して、接近していたりするようであれば一部解約する必要があります。
とはいえ、現在使っているクレカを解約する必要はありません。クレカの中には、1年以上一度も使っていないものも含まれているはずです。使用頻度が非常に低いものもあるでしょう。そのようなクレカを中心にして解約すればいいのです。そうするだけでずいぶんと審査の結果が変わります。
また、同時にクレカのキャッシング枠をチェックすることも欠かせません。消費者金融のカードローンで大きな融資枠をゲットすれば、クレカのキャッシング枠はいりません。クレカのキャッシング枠をすべて解約してから申込をすれば、より有利な融資限度額と利率を適用してもらうことが可能になります。

クレジットカードのキャッシングサービスは有利か?

在籍確認はありうる

クレジットカードにもキャッシングサービスはあります。自分の知らないうちに設定されているような場合もあるので、一度調べてみるといいでしょう。クレカのオンラインサービスを見ればわかるはずです。在籍確認はありうる
通常は、消費者金融などの申込では、この限度額が邪魔をして本来得られる限度額がゲットできないことがあります。総量規制の計算では、クレカのキャッシング枠も含めて算定されるので、使っていないクレカのキャッシング枠は削除した方がいいのです。
しかし、自分の知らないうちに設定されるキャッシング枠とはいえ、お金を借りることができる事には間違いありません。そのため、場合によっては在籍確認があることもあり得ます。
もっとも、これは申込をした人の信用に左右されるのですが、転職を繰り返している人の場合は、比較的高い確率で在籍確認があり得ます。
ただし、クレカのキャッシング枠で在籍確認がされることは、比較的少ないと考えてもいいでしょう。カードローンと違って、翌月の支払日に全額請求をすることが前提だからです。

限度額や融資方法なりの審査の厳しさ

限度額が比較的少ないので、審査は簡単だろうと言われていますが、一括払いの返済方法であれば、確かに審査は簡便的に終わらせることが多いです。しかし、カードローン形式の場合、それなりにしっかりと審査をしています。限度額や融資方法なりの審査の厳しさ
カードローン形式の場合、一括払いのキャッシングに比べて融資限度額が大きいため、その審査は消費者金融と同じです。この場合、在籍確認をしていることが多いようです。融資方法の差が審査の差を決めていると考えていいかもしれません。
クレカを発行している信販会社は、リボ払いやキャッシングサービスのように手数料を利用者から取れる方法の営業が一番ありがたいです。一括払いの場合は、事業者側から手数料をもらうのですが、どうしても交渉で妥協させられることになるためです。
しかし、利用者に対しては交渉などしませんから、消費者金融側もかなり強気の手数料率の設定ができます。
そのため、クレカのキャッシングやリボ払いを盛んに宣伝しているのです。もちろん、両方とも審査をすることには間違いありません。しかし、勤務先はクレカの場合は把握しているという前提なので、あえて在籍確認などをすることはありません。リボ払いを申し込んで在籍確認の電話があるような話はないと思います。

少額なら審査も通りやすい

クレカのキャッシング枠やカードローンは、消費者金融より限度額が少ないです。最大でも50万程度が普通ではないでしょうか。そのため、審査も消費者金融ほど手間をかける必要がないのです。少額なら審査も通りやすい
少額であれば審査が通りやすいことは事実です。最近は、銀行口座を作ると、万が一のために当座貸越タイプのカードローンを設定することがあります。しかし、このローンの場合いちいち在籍確認をしていません。預金者の職業などにもよりますが、給与振込が実際に始まっていたりすれば、あえて在籍確認をする必要がないと考えているようです。
信販会社の審査も同様で、審査にはあまり手間をかけていません。消費者金融と違い、信販会社の加盟している信用情報機関には比較的多くのデータが集まっています。そのため、過去の職業などが比較的わかりやすいことも事実です。そのため、消費者金融に比べて審査がやりやすことも事実です。
このような理由で、消費者金融のカードローンより、クレカのキャッシング枠を設定した方が審査は通りやすいといえます。ただし、即日審査ができない信販会社が多いため、申込をしたその日にキャッシングがしたいという事は難しいことが多いです。ある程度の余裕が必要です。

有利か不利かは人による

では、消費者金融のカードローンと、クレカのキャッシングはどちらが有利でしょうか。
これは、人によって違いがありますので、一概には言えません。消費者金融のカードローンは一般的に限度額が大きいし、毎月の返済額が少ないので、返済期間こそ長くなるものの楽に返済ができます。有利か不利かは人による
これに対し、限度額は少なくても、キャッシングをしたらすぐに返済するという事であれば、クレカのキャッシングの方がいいでしょう。翌月の支払日までの利息は必要ですが、支払日までの期間は最大でも2か月程度です。
2か月間を年利18%で借りた場合、1万円当たり大体300円の利息です。繰上返済が事実上できないというデメリットはありますが、次回の支払日までに返済資金を準備できるのであれば、こちらの方がいいでしょう。
話をまとめると、審査が厳しくなるものの、多額の借入をゆったり返済したいのであればカードローンがいいです。これに対し、カードローンを借りても繰上返済でドンドン返済していくようならクレカのキャッシングを使った方がいいです。
カードローンであれば、在籍確認などがありますが、クレカのキャッシングであれば通常在籍確認などがなく、面倒なことにならないのです。最初から無条件に消費者金融のカードローンを申し込むのは止めた方がいいかもしれません。

「無審査」は身近な地獄への入り口です。

無審査の検索結果

消費者金融の審査を嫌い「無審査」とキーワードを入力すると、消費者金融らしい業者が多く出ています。中には、東京都の許可があるような表示をしていることもありますが、全てヤミ金です。取り締まればいいようなものですが、やっている暇がないほど多いのでしょうか。無審査の検索結果
この「無審査」をキーワードに出てくる業者にお金を借りると大変なことになります。ヤミ金のイメージとして、玄関先がわめきたてたりする「武闘派」をイメージすることが多いのですか、最近のヤミ金は、むしろ真綿で首を絞めるような方法で取り立てをしています。
このようなヤミ金は、案外皆さんの生活の中に入り込んでいます。消費者金融でこれ以上借りれないほど借り入れをしたけど、ちょっとお金が足りなくなった場合にヤミ金の存在が生きてくることもあります。
たまに摘発されて、テレビのニュースなどになることもあります。とはいえ、実際には野放し状態なのです。ちなみにヤミ金の返済までの期間は消費者金融が1か月なのに対し、ヤミ金は2週間です。金利は年利50%を軽く超えるレベルに達します。これが無審査と呼ばれる業者の実態です。

行き着く先はクレカの現金化

このようなヤミ金から借りてしまい、とりあえず返済すればいいのですが、返済できないとタダでは済みません。そのため、どこかからお金を調達する必要があります。返済できない人に対しては、ヤミ金も「アフターフォロー」することがありますが、その手段はまともなものではありません。行き着く先はクレカの現金化
ネットでクレカの現金化を盛んに宣伝していますが、ヤミ金が勧める資金調達手段として一番多いのがこれです。見た目は問題が全くないように見えますが、実際には地獄への入り口になります。
クレカのショッピング枠をどのようにして現金化をするかは、よく知られているのでスキームの説明は省略しますが、決済日には「購入代金」を決済しなければいけません。最大でも2か月間で返済期日が来ることを考えると、9割で現金化したとしても利率は年利換算で60%を超えます。
100円ショップの商品を10万とか20万で売り付け、9割程度の「キャッシュバック」をする手口なので自転車操業であることはすぐにわかるはずです。正常な思考回路があれば、こんな手口が通用しないことはすぐにわかるでしょう。しかし、人間は追いつめられると何を始めるかわからないものです。
危ないとすぐにわかるクレカの現金化が、今もって大盛況の事実を見ると、追い詰められた人間の行動は怖いものだと改めて考えさせられます。

自転車操業から債務整理へ

自転車操業の資金繰りは、そのうち支払不能に陥ることになります。クレカの支払日近くに「リボ払い」にすればとりあえず危機回避が可能です。最近は、どんな買い物でもリボ払いにできるので便利と言えば便利です。自転車操業から債務整理へ
しかし、リボ払いも毎月の返済額があることは間違いありません。クレカの現金化の金額は結構多額です。10万円単位の買い物をすると、毎月の支払額は5千円程度であることが多いのですが、とりあえず乗り切ると安心してしまい、次の現金化をしてしまうものです。
リボ払いには限度があります。そのうちリボ払いができなくなる日がやってきます。クレカを何枚か持っていれば、その都度リボ払いをしていくことは可能です。今まである程度の信用力があった人は、クレカのリボ払いの枠も大きいので、結構長い期間「乗り切る」ことができてしまいます。
リボ払いの限界に達するともう後はありません。クレカの現金化で任意整理などを信販会社に持ち掛けても、クレカの現金化自体が違法行為なので相手にされません。結局自己破産をするしかないのです。
自己破産をすると、すべての債務がチャラになる天国の入り口だと考えている人もいるようですが、現実には地獄の入り口です。5年で消えると言われる信用情報機関のデータも、官報をデータベース化している信販会社の増加で一生の傷となって残ることになります。

危険なバイトと知らずに嵌る

ヤミ金が「おススメ」しているのは、クレカの現金化だけではありません。アルバイトまで斡旋しています。女性であれば風俗店かと思われがちですが、最近は警察沙汰になるので、そのような「斡旋」はしません。危険なバイトと知らずに嵌る
しかし、斡旋しているアルバイトはただのアルバイトではなく、治験と呼ばれる製薬会社のアルバイトです。一見「テストを終えている新薬の最終チェック」と言われていますが、動物実験と話は同じです。治験による被害には一切の意義を申し立てない旨の誓約書を書かされて、製薬会社のモルモットになるのです。
居心地のいい部屋で3食昼寝付き、かつお友達がいっぱいという恵まれた環境で治験が始まります。たまに、体調不良を訴えて「帰っていく人」もいますが、その人たちの行方を知ることはありません。
治験のバイト代は非常に高いと言われています。しかし、なり手がいないことも事実です。裏の裏ルートでブローカーが製薬会社に斡旋をして手数料をもらいます。ブローカーはもちろんヤミ金です。
こうして貸した資金を利息とともに回収できます。ヤミ金は手数料もらえるのでウハウハです。しかし、当の本人がどうなるかは神のみぞ知るところです。

収入証明書不要のキャッシングは本当に便利か?

収入証明書の必要性

消費者金融の審査で大切な書類としては、身分確認の免許証とともに収入証明書があります。収入があってこそ、消費者金融から借りたお金を返済することができるのですから、その収入を確認する必要があるのです。収入証明書の必要性
収入証明書の種類は、源泉徴収票や官公庁の出している証明書があります。給料をもらっている人であれば、源泉徴収票が収入証明書として一番適しているのではないでしょうか。人によっては、確定申告をしている人もいるでしょうから、その場合は代わりに税務署から証明書をもらってくる必要があります。
銀行であれ、消費者金融であれ、審査の基本はこの収入証明書です。今までのカードローンやクレカの利用状況は、個人信用情報機関のデータでわかりますが、収入だけは本人が提出する証明書が頼りです。
最近の審査技術は向上しており、統計から推測した予測収入を使う事もできるようですが、確実に審査をするのであれば収入証明書が必要です。そして、その証明書に書かれた会社に現在も勤めているかを確認するために、勤務先への在籍確認をしています。
この一連の手続を終えて、初めて完全に審査ができるのです。

それでも要らない理由

とはいえ、運転免許証を持ち歩く人は多くても、源泉徴収票を持ち歩いている人は多くありません。人によっては紛失している人もいるでしょう。とはいえ、それらの人を消費者金融も締め出すわけにはいかないのです。それでも要らない理由
そのため、一定の「割り切り」として、少額な借入申込であり、かつ今までの借入も多くなければ収入証明書の提出はいらないという事になりました。その結果50万円以下の借入であり、かつ申込後の借入総額が100万円以下であれば、収入証明書の提出が省略できることになったのです。
審査技術の向上で、年齢と勤務先、更には仕事の内容から大体の収入金額は予測できるようになりました。銀行の場合、更に高い金額の借入でも収入証明書を不要としていることもあります。
銀行によっては、300万程度までの借入でも収入証明書が不要だというケースもあります。顧客獲得のためには、ある程度の割り切りは必要だという事でしょうか。
ただし、信用情報機関のデータによっては、収入証明書を要求されることがあります。申込書に書かれた年収が、職業や年齢に比較しておかしいと判断された場合です。

でも不利になる理由

とはいえ、実は収入証明書がないと審査では不利になります。例えば、年収150万なら総量規制限度いっぱいの50万の限度額が設定できるとしましょう。しかし、収入証明書がないと、場合によってはこの半分程度になる場合があります。本人の申込書に書かれたデータだけが頼りなので、信憑性が低いのです。でも不利になる理由
収入証明書がいらないと表示されていても、提示することで審査は有利になります。証明書がないと確実に審査ができないのですから当然のことです。これは、銀行の場合でも同じです。
収入証明書がなくても、審査ができるのは、仕事の内容から消費者金融側で収入をある程度の精度で確認できる場合に限られます。公務員や大企業の方であれば、年齢から大体の収入は把握できます。また、これらの方は正直に収入を書いてきますから、心配する要素は少ないのです。
しかし、自営業の方やアルバイトの方などは、そもそも証明書がなければ、自分の前年の収入などわからないことが多いです。そのような人が、収入証明書もなしに正直な収入を記載できるとは思えません。
そのため、消費者金融では、一つの割り切りとして年齢や職業から統計的に算定した「平均的な収入」を基礎にして審査をするしかないわけです。しかし、その数字が確実だという保証もないので「控えめ」な融資限度額しか設定できないのです。

結局必要だから最初から出そう

このように収入証明書は本来必要な書類です。当初に必要ないとしても、増枠申請をしようとする場合には提示を求められることが多いです。ポイント制度を設けている消費者金融では、収入証明書の提出があると大きなポイントを出しています。結局必要だから最初から出そう
要するに、毎年でも収入証明書は提出してもらいたいのです。特にカードローンの場合は、借りたり返済したりが自由なタイプのローンなので、貸す側としては一番不安なローンなのです。収入証明書を提出しなければ契約を解除したいのが本音だと思って間違いないでしょう。
当初設定された限度額のままで構わないというのであれば別ですが、収入が多い方であれば、50万以上の限度額を設定してもらうことは十分に可能です。消費者金融のカードローン利率は、限度額が高いほど信用があるという事で利率が低くなります。
50万円の融資限度額の場合、大抵の消費者金融では最高利率になっているはずです。大手であれば18%です。こんな高い利率で借りる必要はないはずの人がその利率で甘んじているのはあまりにもったいない話です。
申込の時は、あまりに急いでいたため収入証明書を準備できなかったかもしれませんが、ちょっと落ち着いた時に準備して、再度提出すればいいのです。少しでも低い金利で借りるのが上手な消費者金融利用のコツです。

収入証明書はとても大切ですから前日に準備しましょう。

源泉徴収票

収入証明書として一番多く使われているのが源泉徴収票でしょう。自営業の方であっても、実際にはどこかでアルバイトをしている人が多く、源泉徴収票をもらっていることがあります。
源泉徴収票には、前年の収入金額などが記載されています。源泉徴収票
家族のいらっしゃる方であれば、扶養親族の人数が出ています。下の方には生年月日が書かれており、新入社員の方であれば入社年月日が記載されています。個人データが満載の源泉徴収票なので紛失することがないようにしたいものです。
もし、紛失した際には勤め先にお願いすれば再発行してもらえます。ただし、再発行の理由を聞かれます。紛失したからという理由だけでいい場合もありますが、使用場所を聞かれることもあります。
その際に「消費者金融の借入」と言えるような職場であればいいのですが、そうでないとちょっと面倒なことになります。
このようなことを防ぐためには、自分の住んでいる市町村の役場に所得証明書をもらいに行くことで解決します。税務署ではなく、役場である理由は、確定申告書を提出していないため、税務署では給与だけをもらっている人の証明を出そうにもデータがないためです。

納税証明書

これが自営業者の方であれば、税務署の納税証明書が必要です。この納税証明書は種類がいくつかあります。場合によっては税金を滞りなく納めているという証明書を要求されることもあります。どの証明書が必要かを消費者金融に一度問い合わせをした方がいいでしょう。納税証明書
納税証明書は、公的な書類なので手数料がかかる話は別として、本人がいかないと出してくれません。同居の家族の人でもいいという場合もあるようですが、一度税務署に電話をしてから取りに行った方がいいでしょう。
納税証明書には、確定申告をした時の所得金額が記載されています。自分が書いた確定申告書と様式がずいぶん違うと思われる方もいらっしゃるでしょうが、税務署の証明書の様式がそうなっているのです。
消費者金融でお金を借りるのであれば、その証明書だけでいいことが多いのですが、自営業者の方の場合は、確定申告書の控を一緒に提出する必要がある場合があります。税務署の証明書だけではわからない部分があるためです。
確定申告の際には、申告書と決算書を提出していると思いますが、両方とも自分の控に税務署の受付印を押してもらうと、いざという時に慌てずに済みます。

仕事をやめたときの裏技

給与をもらっていた人が、会社を辞めることがあります。要するに転職なのですが、新しい職場が見つかるまでの期間、収入がないので消費者金融にお金を借りることになります。しかし、申込の時に無職の人に対してはお金を貸してくれません。在籍確認をすると一発でそのことがバレます。仕事をやめたときの裏技
そのため、できる限り在職している間に消費者金融の申込をしておいた方がいいのです。しかし、そこまで準備万端な人ばかりではなく、やめてしまってしばらくしてから消費者金融に借入の申込をすることがあります。源泉徴収票はあるので問題はないはずです。
この場合、最大の難関は在籍確認です。会社に知り合いがいて「代弁」をしてもらえれば完璧ですが、そのようなことができるとは限りませんし、失敗の確率も高いです。そのため、在籍確認回避の切り札として、健康保険証を使うのです。
必ずしもお勧めできる方法ではありませんが、健康保険証を退職の際に取り上げられる前に、コピーを取っておくのです。白黒ではなくカラーコピーです。そして、スマホで写真を撮るのです。カラーコピーは、保険証の大きさとほぼ合わせます。最近はやりのカードタイプであれば厚紙を裏に貼っておきます。
消費者金融への申込は、できるだけネット経由にして、申込確認の際に在籍確認されるなら契約を止めたいと言ってみましょう。
できるかどうかは五分五分ですか、健康保険証の提示を求められることが結構あります。そうしたら、スマホの画像データを送ればいいのです。もし、提示だけは無人機店舗で確認したいと言われたら、厚紙などを貼った健康保険証を持って行けばいいのです。
相手にばれないようにスキャナーに載せてスキャンさせれば、大抵ばれません。ばれたら運が悪いと思ってあきらめるしかありませんが、トライする価値はあります。
 

証明書の効果

最近は収入証明書がなくても融資をしてくれることが多くなりました。少額ならいいという事ですが、急いでいる場合には助かります。証明書の効果
しかし、収入証明書がないと金融機関側も対応が慎重になります。要するに審査上不利になるのです。
これを防ぐためには収入証明書が必要です。即日融資ができるので、申込の日ギリギリにならないと準備をしない人が多いようですが、前日に収入証明書を探しておくことが大切です。それだけで審査結果が全く変わると言っても過言ではありません。
何事も準備が大切です。収入証明書である源泉徴収票1枚で、融資限度額が多くなり金利も下がるのです。前日に準備しておきましょう。

消費者金融の審査ってどのようにしているの?

コンピューターで瞬時に終了

大手消費者金融は大々的に宣伝をしているため、申込の数も大変な数です。しかし、人員がそれに対応するほど大量にいるかと言えば必ずしもそうではありません。なぜなら、審査は全てコンピューターでしているためです。コンピューターで瞬時に終了
コンピューター審査は一瞬で処理をします。申込データが送信されると、そのまま信用情報機関に照会をして、データをマッチングさせるのです。素早い処理で人気が高い消費者金融は、住所氏名といった情報を入力するだけで、簡易審査をしてくれます。これは、住所氏名等のデータが分かれば、信用情報機関に照会することで、ある程度の審査ができるためです。
このようにして、審査自体は一瞬で終わります。消費者金融のコンピューター審査に使うプログラムは、各消費者金融の審査マニュアルによるものですが、これらは全て消費者金融のノウハウの塊なのです。マニュアルなのでプログラム化することは比較的容易で、大規模の消費者金融は、コンピューター審査で一瞬のうちに終わらせることができます。
審査が早いので、甘いのかなと思っている人もいるようですが、むしろ逆なのです。

審査スコア制度の良し悪し

コンピューター審査で出力される審査結果は、審査スコアと言われています。この審査スコアに合わせて融資限度額が決定され、それに合わせた利率が同時に決まります。効率的なようですが、ある意味杓子定規に決められてしまうので、融通が効かないという欠点があります。審査スコア制度の良し悪し
信用力の判断は、本来総合的な判断が必要になります。しかし、最近は変な申込をしてくる人がいるため、危険性が高いと思われる申込の人は最初から排除してしまっているのです。
その排除対象者は、俗に言われるブラックリストの方です。金融事故などを起こすと5年程度は信用情報機関に登録されるので、どこの消費者金融や信販会社も相手にしてくれません。しかし、このような人こそお金を借りたい人なので、あの手この手で審査プログラムを突破しようとしているのです。
そのため、いくつもの消費者金融で申込を続けてしていると、このような人ではないかと疑われます。俗に申込ブラックと言われますが、いくつかの消費者金融の審査結果を見比べようとすると、どこの消費者金融も相手にしてくれなくなるのです。
また、逆にリボ払いが多いと審査で落とされるため、あらかじめ消費者金融に申込をしてから、リボ払いをするというケースもあります。昔のように対面で申込処理をしていれば、ベテランの担当者が「こいつは危ない」と勘を巡らせたものですが、コンピューター審査にそのような事は望めず、通してしまうのです。

「貸金のおやじ」の勘

このような時代に逆行した「昔ながらの勘」が今も生きている場所があります。小規模の消費者金融の店頭です。「貸金のおやじ」の勘
このような店頭では、消費者金融というより貸金と言った方が似合う独特の雰囲気があります。小規模の消費者金融に申込に来るのは、大規模の消費者金融で相手にされない人ばかりです。そして信用情報を見ると、リボ払いの残高が限度一杯だったり、総量規制の限度ギリギリだったりするのです。
このような「新規顧客」が返済してくれそうか、返済不能になるかの見極めをするのが「貸金のおやじ」の勘です。コンピューターではなく、信用情報も自分で読み込んで審査の判断します。そして、仕事の内容や年収を聞き取り、ごまかそうとすると一喝して怒りつつ、本当のことを言わせるのです。
小規模の消費者金融に来る人に「優良顧客」はいません。その中で、本当に貸したお金を返済してくれる人を探すことができる「貸金のおやじ」の勘は、国宝モノです。

中小ならではのアジ

場合によっては、自ら生活指導をして立ち直らせるほどの世話を焼く貸金のおやじの勘は、大規模消費者金融のサラリーマン店員や審査プログラムでは間違っても対応できない懐の深さを持ち合わせています。中小ならではのアジ
審査プログラム全盛の世の中で、このような中小のアジをもつ貸金屋の存在は、現在では貴重なものになっています。昔はもっと多かったはずですが、総量規制やグレーゾーン金利請求訴訟のために次々と店を閉めてしまったのです。
大規模消費者金融の店員が、自分で脱サラして消費者金融を開業することがたまにあるようです。審査ではなく、取り立ての担当をしている人であればいいのですが、店頭で審査をしている人であればノウハウがなく、失敗することが多いと言われています。
結局、大手消費者金融が相手にしている優良顧客のほとんどは、お金を借りると計画的に返済して、そのまま去っていきます。そして、返済ができなくなった人は、そのまま中小規模の消費者金融へ流れていきます。
中小の消費者金融のおやじが一番警戒するのは、大企業の正社員だと言われています。最初から自分のところに借りに来るわけがなく、何か理由があるはずだからです。しかし、コンピューター審査をしてしまうと、そんな勘は絶対に働きません。
大規模消費者金融と中小では顧客層が違います。当然対応の方法も違ってくるわけです。中小ならではのアジが必要な世界もあるわけです。

審査で有利になる人ならない人の判断基準は何か?

返済意志と能力の確認

消費者金融の審査は、申込内容と信用情報機関のデータをマッチングさせて審査をしているのですが、何を目的にしているのかと疑問に思う人も少なくないようです。最終的には、融資限度額を決めることが最終目的ですが、その要素となるものが何かということはわかりにくいです。返済意志と能力の確認
消費者金融に限りませんが、貸付の審査は最終的に貸金が戻って来るか来ないかの判断をしているのです。借りている側にはわかりにくいのですが、貸す側からすると貸付をすることは、自分のお金を相手に投資しているのと同じことです。戻ってこないと損失になってしまいます。
投資ですから当然収益である利息はもらいたいですが、それ以前の問題として投資資金、つまり貸したお金は絶対に回収したいのです。
銀行の融資は貸金の回収を最優先に考えているけど、消費者金融は収益優先だと言われることがあります。しかし、そのような事はなく、消費者金融も貸金回収を最優先で考えているのです。これは、大規模の消費者金融だけではなく、中小も同じです。
しかし、最近はネット経由の申込が圧倒的に多く「物言わぬ相手」に対して、返済意志と能力を確認しなければいけません。コンピューター審査全盛の世の中ですが、難しい判断を迫られているのです。

能力より意志

消費者金融の審査では、問題なくコンピューター審査を通過すれば、審査スコアに基づいて融資限度額が決定されます。そして、申込者がそれで了承すれば契約は成立します。即日融資が成立することが多い理由です。能力より意志
しかし、中には『もう少し何とかなりませんか』と頼む人もいます。杓子定規に考えれば、内規で決められている融資限度額の計算を変えることはできません。しかし、ほとんどの消費者金融では、店長などの判断で多少のことはできます。
その際、判断基準になるのは、返済能力より返済意志です。店長さんなどの「勘」になるのですが「こいつなら返してだろう」と判断すれば、増額してくれるものです。しかし、そのような意思が伝わらないと杓子定規に判断するしかありません。
もっとも中小の貸金屋であれば、そのあたりの判断をしてくれることも多いのでしょうが、大規模の消費者金融の店長クラスはみんなサラリーマンです。そこまで踏み込んだ判断ができるかどうかは別問題です。
もし「もう少し」と考えるのであれば、無人機店舗などに自ら出向いて、直接説明する必要があります。申込確認の電話の段階で、何とか増枠してほしいと言われても、大抵は断られます。電話だけではそのような判断はできません。

高所得者とブラックリスト

消費者金融の審査で高所得者であるものの、過去に金融事故を起こした経験者の場合、通常はブラックリストのため審査は通りません。それ以前の問題として、ブラックリストと判明した時点で審査を中止しますから、高額所得者かどうかわからないまま審査が終わるのです。高所得者とブラックリスト
しかし、一部の信販会社は、ブラックリストであっても高額所得者であれば審査を通す場合があります。給料所得者であれば、いざとなれば再度差押に行けばいいですし、一度自己破産をすると最低7年は自己破産できません。考えようによっては、法的整理をされる可能性がない「安心できる顧客」とも言えないことはありません。
とはいえ、そこまでの「勇気」がある消費者金融は、少なくとも大規模消費者金融では存在しません。貸金回収が優先である以上、長期の貸付は判断が慎重になります。クレカのように、買い物の翌月には全額回収するというわけにはいかないのです。
消費者金融と信販会社では、営業形態が違う以上審査なども異なります。それに、普通の信販会社であれば、いくら高額所得者であってもブラックリストと分かった瞬間に審査を中止するのは消費者金融と同じです。

自己破産者に融資をする消費者金融の存在

とはいえ、小規模の消費者金融の中には自己破産者に対して融資をすることがあります。審査自体特殊なので、そのような融資に特化した消費者金融なのですが、昔からその営業形態で貸付をしています。自己破産者に融資をする消費者金融の存在
このような消費者金融で即日審査はあり得ません。自己破産であれば、破産時の状況などを聞き取ります。自己破産や個人再生に追い込まれた人の全てが、お金にルーズで支払ができなくなった無責任な人ばかりではないのです。
そして、申込者から生活状況を確認します。こうして収入状況と家計支出から返済余力を算定します。そして返済余力があれば、貸付をしますが、実際に貸付をするかしないかの判断は、やはり「返済の意志」です。借りたお金は必ず返すという当たり前のことを実行してくれる人かどうかを判断するのは、貸金屋の勘です。
このようにして、消費者金融の担当者が貸付をしても大丈夫だと判断すると、自己破産経験者であっても貸付をします。実際に借りることができるかどうかは別として、このような消費者金融も存在することを知っていれば、消費者金融の審査基準がどのようなものかわかって来るのではないでしょうか。消費者金融の審査で必要なものは、返済能力だけではなく、返済意志の方が問われるのです。

消費者金融でキャッシングの増枠を最大限にゲットするコツ

最初から増枠の余地はある

消費者金融などのカードローンを申し込むと、キャッシング枠を増枠したいと思う事も多いでしょう。しかし、総量規制があるため、収入が増加しないと増枠申請をして無駄だとか考えている人も少なくないようです。リボ払いからの脱出
しかし、実際には最初から増枠申請ができるようになっています。多くの場合、与信枠の全てを最初からつけているのではなく、ある程度余裕を残して融資限度額を決定していることが多いようです。
これは、消費者金融などにとっては、新規顧客はありがたいものの、別の見方をすれば「一見客」であり、今ひとつ信用できない相手であることが挙げられます。
もちろん、しばらく利用を重ねて、利用した後にきちんと返済をしてくれたり、繰上返済をしているような人であれば、安心して貸すことができる相手だと判断できるでしょう。クレジットカードの場合は、黙っていても一定期間を過ぎるとショッピング枠を増枠してくれることがありますが、それと似たような感じです。
しかし、クレジットカードと違うのは、自動的に増枠をしてくれることはなく、申請しないと上げてくれない点でしょう。

利用態度で決まる

増枠申請は、できる限り消費者金融などの無人機店舗で直接担当の方に相談をした方がいいでしょう。その際は、最初に提出したものと同じであっても、収入証明書を持って行った方が無難です。もし、源泉徴収票が発行された時期、つまり年末より昇給しているようであれば、給料明細を持って行くと効果があるかもしれません。太っ腹のように見えるけど…
とはいえ、いくらこのように収入がある人であっても、利用態度が悪ければ増枠申請をしても審査が通りません。利用態度と言うのは、返済の態度のことです。
利用実績がなければ増枠申請をしても難しいことは当然ですが、利用していても返済が遅延しているような人であれば、増枠申請は通らないと考えた方がいいでしょう。増枠申請をする以上は、きちんと返済をする意志があることをアピールする必要があります。
貸す側としての消費者金融としては、新規顧客が一番融資限度額を多く設定できることには間違いありません。しかし、新規顧客がどのような人なのかはわかりません。ある程度信用情報機関のデータから、今までのクレジットカードなどの利用実績がわかるため、長年問題なく取引をしている人であれば信用できるだろうと判断できるかもしれません。
しかし、消費者金融も金融機関であることには変わりなく、初回取引であれば銀行同様に若干なりとも融資は慎重になります。

利用しない人に増枠はしにくい

この増枠申請は、ある程度の利用実績が必要です。信用がある人であっても、それまでに利用していない場合は増枠申請をしても認められることは少ないです。もっとも、今まで使っていなかったけど、このような理由で増枠をして使いたいと説明すれば話は別かもしれません。最高でも10万円
ただし、消費者金融としては、実際に利用実績がない人に対する増枠申請には慎重な姿勢を取っています。やはり、利用実績がないと、怖くて増枠の判断ができないのです。利用実績とはいえ過去のものであり、将来のことはわからないと言う人もいるかもしれません。しかし、過去の利用実績は、一番確実な顧客の判別をする方法なのです。
もし、利用実績がない人がどうしても増枠申請をしていないのであれば、消費者金融側が安心できる材料を提供することが大切です。例えば、毎月の返済をコンビニATMによっているのであれば、これを口座振替に変えることで信用度が増します。
また、ちょっと時間がかかりますが、1度借りて、定額返済日に返済を口座振替からしたのを見届けてから、残額を返済し、しばらくしてから無人機店舗などに行くのも一つの方法です。
わざとらしいじゃないかと言われそうですが、意思表示の手段としては悪い方法ではありません。

信頼を得るためのコツ

とはいえ、増枠申請も結果は審査で決めることになります。審査に通りやすい人は、ただ単に信用がある職業についているというだけではなく、先程挙げたとおり支払態度に問題がないことが最低限必要になります。弁済日は絶対忘れない
また、収入が上がっていたり、口座振替を始めればアピールポイントになるでしょう。二回目の審査とはいえ、最初の審査の際より自分に関するデータは蓄積されているでしょう。その蓄積されるデータがいいデータであれば、増枠申請が通り、悪いデータであれば通りません。
消費者金融に増枠申請をすると、このように再度審査をすることになりますが、その内容は初回同様の審査です。免許証などの提示を求められることはありませんが、収入証明書や現在の給料明細の提示を求められます。転職しているようなことがあれば、再度在籍確認の電話が必要になるかもしれません。
増枠申請だからと甘く見ていると本来得られるであろう、増枠が実現しないことにもなりかねません。増枠申請とはいえ、本人確認を省力した新規申し込みだと考えておいた方がいいでしょう。形だけの審査だとは間違っても思わないようにした方が賢明です。